2013年12月21日

この前のCDのつづき



 まとめて買いこんだCD、残りの二枚をご紹介するのを忘れていました。



   Best Od Bond...James Bond



 007映画の主題歌集(といってもアデルの“Skyfall”は収録されず)。



 改めて聴いてみると、「こんな人が主題歌を担当してたのか!」という驚きが。



 初期の頃の映画は子供の頃にテレビで見ているだけなので音楽と映像のマッチングに



誤差がある(多分、シリーズ全部は見てないし)。 ルイ・アームストロングは合っている



のかどうなのか・・・。 やはりこちら側に「007の音楽はゴージャスで、重厚」という



イメージがあるせいなのか、ポール・マッカートニーの曲はえらく軽い雰囲気に聴こえて



しまう。 映画ではアレンジを変えて使われている可能性もあるしね。



   Momentum/Jamie Cullum



 マイケル・ブーブレがブレイクした後、「イギリスから新たなジャズ界の貴公子」として



現れたジェイミー・カラム。 マイケル・ブーブレの歌いっぷりに心酔していたあたしには



当時のジェイミー・カラムのヴォーカルは線が細くて頼りない印象で、アルバムを買う



ほどには至らなかったのでした。



 でも相当先日、このアルバムを視聴したときに・・・なんだか力強くなっているなぁ、と。



サウンド的にはジャズというよりポップスに近づいた感じがするけど・・・そう、ピアノを叩く



姿が浮かんでくる感じがして、<ピアノマン>、ビリー・ジョエルっぽくなってない?



 アルバム10曲目“Save Your Soul”がトヨタ・アルファードのCMに使われていることを



あとから知る・・・確かに、CMソングに使われていいほどのフックのある曲が多いかな。



 個人的には「アイランドレコード、まだあるんだ」というのがうれしかったです。 彼も



今後は追いかけてみようっと。


posted by かしこん at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする