2013年12月15日

ついに電子書籍か・・・

 角川書店から出ている服部まゆみ作品が、比較的電子書籍になっていることがわかる。
 で、手に入る種類が多いのはやっぱりキンドルなのよね!
 ってことで、ぐずぐずしていましたがニューモデルも出たことだしKindle Paperwhiteを買おうかな!、と決心。 しかし普通のWi-Fiタイプでいいのか、3G+Wi-Fiにするべきかで迷う。 自宅ではWi-Fi入れてないのよね(そしてあたしはガラケーである)。
 3Gついている方が便利だとはわかっているが、お値段が五千円高くなるのよね・・・それに一応あたしは都市部に住んでいるわけだから、公共のWi-Fiポイントが結構あるわけで、ダウンロードはそこに移動してやればいい気もするし・・・それはずるいですか?
 ただ、3Gつきの方が「1〜2ヶ月以内に発送」になっている・・・待たされるのに対して、Wi-Fiのみタイプは「在庫あり」。
 どうしよう! すごい困る?!
 なにしろ『時のアラベスク』『罪深き緑の夏』が図書館でも書庫に入れられちゃっている状態では、いつ廃棄されるかわからないし・・・いや、あたしは持ってますけど、文庫初版だから(そして何度も読み返しているから)結構ボロいのです。 でも天野喜孝の表紙は貴重!

posted by かしこん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・読書 reading books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする