2013年12月02日

そんな死に方はないでしょ。

 ネット開いて、ニュースサイトの見出し、ある一行を見てかたまる。

   ポール・ウォーカー、事故死。 ポルシェ炎上。

 ポール・ウォーカーって、あの、ポール・ウォーカーか?!
 車をぶっ飛ばす映画が代表作になっている俳優が、車の事故で死んじゃダメだよ!
 どうやら、カリフォルニアで行われたフィリピン台風被害チャリティに参加中(帰り道だったとの報道もあり)の事故で、しかも自分は助手席だったという。
 もう、どれひとつとっても痛々しい・・・。
 あたし自身は自動車を運転しないので、『ワイルド・スピード』シリーズにはあまり思い入れはないんだけど、でも一作目は見ましたよ。 で、途中から主役を変えたり、やっぱりブライアン(ポール・ウォーカー)が戻ってきたりといった<ハリウッド事情>が露骨に見える感じが好きではなくて、このシリーズから離れた気がする。
 むしろあたしは『タイムライン』や『イントゥ・ザ・ブルー』あたりが好きでしたね。
 ドン・ウィンズロウ原作の『ボビーZ』はいささか大味な出来だったけどキャスティングはなかなかよかったし、『ザ・スカルズ』は若かったよね。
 『父親たちの星条旗』のときは「これから演技派と呼ばれるようになるのかも・・・」と期待していましたよ(しかしその後も『ワイルド・スピード』シリーズに出続けて、ちょっとあてのはずれたあたし)。 あ、何故か行われた『南極物語』のハリウッドリメイク版にも出てた!
 もしかしてあたし、ポール・ウォーカーのこと結構好き?
 うむ、“細面地味系ハンサム”とでも分類すれば、ジム・カヴィーゼルやガイ・ピアースと同じくくりといえないこともない(あくまであたしの主観ですので、反論があれば是非)。
 うちのHDDには、まだ見ていない『テイカーズ』が残っている。
 確か銀行強盗の話だったような・・・見てみよう。
 しかし歌い手の方もそうなのだが、役者が死んだと聞いても映像の中にはその姿が残っているから、どうも信じられないというか、実際にはもういないということを感覚的に忘れてしまい、「あ、そうか、この人は死んでいるんだった」と我に返ることが多い。
 多分、実感したくないのだろう。 リアルタイムで知っている人は、特に。

posted by かしこん at 05:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする