2013年10月31日

2013年秋カバン@ハリスツイード

 あぁ、気づけばもう10月も終わりだ!
 と、なんだか焦るあたし。 また今年も、10月を満喫する前に11月が来る〜!!
 その気持ちが、あたしにカバンを買わせてしまいました。

  CA3A1674.JPG ハリスツイードです!

 もともとツイードは好きなんですが、素材的には秋冬限定もの。 しかも雪国に住んでいた頃はツイードのカバンなんて無理(というか、口が開いているカバンは雪が入ってくるからNG)、という意識があって。 でもここ数年、ハリスツイードがいろんなブランドに素材を提供してツイードカバンはじわじわ広まり、何故か今年はそれが爆発的に増えた!
 そんなこんなで「わー、いいなぁ」と思っていたところ、神戸国際会館(SOL)に新しく入った北欧・ヨーロッパ雑貨のお店にて出会ってしまう。

  CA3A1676.JPG ハリスツイード、トートバッグ
 全部で三色展開だったそうだが、もうこれしか残っていなかった(しかも最後の一点)。
 そんなこと言われたら引き返せないじゃないですか・・・他の形・色のハリスツイード・トートバッグもあったのですが、ハンドル部分その他はこっちの方が好みだったのです。 それにこの水色入った感じなら、春先にも持てるじゃない。 サイズはA4クリアファイルがらくらく入って、500mlペットボトルも折り畳み傘も縦横どっちにも収納可能。
 そうするとついがんがん物を入れてしまうのがあたしの悪い癖・・・なのですが、内側のナイロン地がしっかり縫い付けてあるので、外側はフル布なのですが、内部からのダメージはほとんどなく。

  CA3A1677.JPG 中はこんな感じで・・・底板つき。
 ジッパー付きのポケットと、底まで通じている仕切りのようなポケット(マジックテープで一か所とめられる、底板を外せばちょうど真ん中で仕切りになる感じ)あり。 そして上の留め金をぱちっととめると・・・。

  CA3A1678.JPG 二段階でとめられます。
 いちばん狭いところでとめてみました。 革のはじっこのスナップで止めることも可能。内容量によってシルエットを選べる!

  CA3A1675.JPG そうするとこんな感じに。
 逆台形型のトートバッグは大変ありがちですが、こうするとシルエットがコンパクトになってかわいい! 長いハンドル部分も、重ね着でショルダーするのに楽々です。 ただ、既にハンドルバランスが言うことを聞きませんが、自分で持っている際には問題がない。

  CA3A1680.JPG 付属部分は牛革植物タンニンなめし。
 ステッチが革と近い色なので、あくまで主役はハリスツイードであるという主張。 でも経年変化するタイプの革なので、どう変わっていくかも楽しみ〜。

  CA3A1679.JPG カバン下部、サイドの処理もちょっと面白い。
 端っこだけとめてます!、みたいな。 それ故に底は安定してまっ平らになっていますが、上部真ん中のスナップボタンを留めないと、カバンの口ががばっと開いてしまうのです・・・(ハンドルも長いから余計広がる)。
 で、そのスナップボタンが微妙に固い。 結構力が要ります(使っていくうちにいい感じになってくれることを期待)。
 このところ自分でも毎日カバンを何持っていいかわからず(服装もまだ秋物に完全移行していないため、夏物も持ってしまっていた)、おたおたしていたのだけれど、これでなんだか落ち着ける感じが!
 雨の日はダメですが、しばらくはこのカバンで秋を楽しみたいと思います。

ラベル:カバン
posted by かしこん at 06:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする