2013年08月15日

2013年夏 新作Limo@ATAO

 お休みを利用して(それは映画と映画の間の時間を利用して、という意味だが)、お久し振りにATAO神戸本店をのぞく。
 そしたらば、何故かもう新作がいろいろと。
 これって次の秋冬シーズンアイテムではなくて? 職人さんの気分でためしにつくってみました、的試作品の意味合い(春夏・秋冬コレクションが出る以外の時期にはそういうことが結構あります。 しかも「ためしにつくってみた」だけなので数も少なく、のちに追加生産されるとは限らない。 仮に発売再開されても、製品の出来はいちばん最初につくったもののほうがよいという・・・)。
 あたしとしては久し振りにお店に顔を出し、話し相手をしてくださる顔見知りの店員さんがいたら、革や素材・今シーズンの流行などについてお喋りできたらうれしいな、ぐらいの気持ちだったのに、まさかこんなものに出会うとは・・・。

  2013夏リモ新作1.JPG 新作Limo(長財布)。
 牛革型押しパテント仕様ですが、ひとつひとつのブロックをランダムに彩色、水がはねたような透明感のあるステンドグラスっぽい仕上がり。 しかも手触りは今までにないほどつるつるでつややか。 あたしが見た段階で在庫は残り3個でしたが、すべて並べるとどれも印象が違う。 うわっ、何年か前に同じようなステンドグラス仕様のが出たことがあって、それはもっとブロックが大きくて単色だったのだけれど、それの赤が素敵でほしかったけどつい数ヶ月前に別の財布を買ったばかりだったので涙をのんであきらめたこと(そしてそのあとすぐに売り切れて、再発売なしですよ)を思い出す。
 で、またこれがいちばん赤の印象が強いんですよね・・・(以前のとは赤の種類が違うんだけど)。 写真では光の加減でオレンジが強く見える印象ですが、実際には緑が効いていて赤と茶色が目立ちます。
 だから水たまりができたレンガ色の石畳に太陽の光と風に揺れる葉の色が映り込んだ、みたいにも見えなくもない。
 うわーっ、どうしよう!
 というか、在庫全部見ちゃってる段階でもうダメってことなんですけどね。
 衝動買いはやめようと思っていたのに、せめて一晩考えてから決めようよと心に誓ってそれをずっと守ってこれたのに、「一晩考えてたらなくなるかもしれない」という危機感により覆ってしまいました。
 でもいいのだ、のちのち後悔するよりはましだ!
 秋冬コレクション(他のブランドも含めて)をあきらめる価値はある。
 というか、あたしの好みにジャストフィットするものが出なければいいのだ!
 しかし秋になったらこれを暑さのせいにするかもしれない・・・いやいや、預金残高に向き合いましょう。

ラベル:お財布
posted by かしこん at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする