2013年07月05日

追悼 リチャード・マチスン



 ふと、東京創元社のページを開いたら、6月25日付のトピックスに、



  リチャード・マチスン逝去 とあった。



 なんだって! また、あたしが死なないと思っていた人が、いなくなった・・・。



>ホラー、ファンタジー、SF等、多岐に亘るジャンルで活躍したニュージャージー州

>出身の作家、リチャード・マシスンが2013年6月23日、ロサンゼルスの自宅にて

>逝去しました。享年87。



 ブラッドベリほどではなかったけど、近いお歳だったんだな・・・。



 いろいろと面白いけど、やっぱりあたしは『ある日どこかで』が好きです。



 また読もうかな。



 『闇の王国』の続編的な話もあったけど、どうなったんだろう。





 逝去、って聞かされるとショックなんだけど、作品群はまだ確かにあたしの記憶にも



手元にもある。 だから作者がなくなったと知っていても、いつしかちょっと忘れかけて



しまうのだ。 それは役者やアーティストも同じで。



 年々、沢山の人を見送る。 あたしの好きな人たちもどんどん。



 これが諸行無常なのかな、って、思う。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする