2013年06月10日

予告編雑感



 最近、テレビでも『アフター・アース』のCMがよく流れる気がする。 1000年後の



地球っていう設定はトム・クルーズの『オブリビオン』にも似てますが、宣伝ポイントが



「ウィル・スミス親子共演!」に絞られているため、ずっと前にもらってきていたチラシを



よく読むまで、監督・共同脚本がM・ナイト・シャマランだと気づかなかったですよ・・・。



 えぇっ! シャマランブランドはもう日本では通用しないの? あの、『エアベンダー』は



そんなにもコケてしまったから? ・・・なんか、シャマランファンとしては、すごく切ないわ。



 『エンド・オブ・ホワイトハウス』の上映が始まりましたが、『ホワイトハウス・ダウン』



公開も近いようで・・・なんで似た題材の映画を似た時期に公開するかなぁ。



 『ホワイトハウス・ダウン』のほうは監督がローランド・エメリッヒということで、またもや彼が



クラッシャー映画に帰ってきたわけですね。 でもあたしは『エンド・オブ・ホワイトハウス』の



ほうがキャスティングが豪華なので(だってジェラルド・バトラーにアーロン・エッカートだよ)、



そっち優勢です。



 あたしは車の免許を持っていないので・・・『ワイルド・スピード』系はあまり得意ではない



かな。 ストーリーの一部にカーチェイスがあるのは構いませんが、全編それだとどうして



いいかわからない。 むしろ飛行機のドッグファイトのほうが歓迎。



 そして、『華麗なるギャツビー』を3Dで見る意味がよくわからない。 これ見よがしすぎる



キャリー・マリガンがつけているティファニーのジュエリーが気になって仕方がない。



 『ハングオーバー!!! 最後の反省会』はポスターでサブタイトル見ただけで思わず



笑ってしまった(しかもキャッチコピーは「もうしません」)。 この副題は日本オリジナルの



ようなので、「もういいんじゃないですか」と思ったけど付き合っちゃうかも。



 ブラピの新作『ワールド・ウォー・Z』はロングバージョンらしき予告を見ましたが・・・



「人がゴミのようだ」と言いたくなるシーン満載でした。



 だいぶ前の『サイレントヒル』は結構好きだったのですが、『サイレントヒル リベレー



ション3D』
はどうしよう・・・3Dは目がつかれるからできるだけ避けたいんだけど、でも



今回もショーン・ビーンが出てるわ〜(前回の評価もショーン・ビーンがいたからだし)。



 その反面、『ローマでアモーレ』にはなんでウディ・アレン本人が出ちゃってるんだろう



(お好きな方にはすみません。 ただあたしには合わないんです〜)。



 と、妄想しているのが関の山、にならないように、実際に映画見に行こう!!


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする