2013年04月30日

本棚を組みたてました!



 さて、この三連休、あたしはひたすらに本と本棚と格闘。



 相手は先日の地震で雪崩を打った本の山。 地殻変動が起こり、新しい層と古い層とが



混ざりあったり上下巻のどっちかが行方不明になったりと断層・褶曲が甚だしかったの



ですが、どうにか整理してみる。 が、明らかに置く場所が足りない・・・このままでは同じ



ことを繰り返してしまう、ということで、本棚購入を決定! で、先週のうちに届いていた



のですが、廊下に立てかけっぱなしでした。



 とりあえず自分の部屋は段ボールにカラフルビニールテープを貼って作っていた簡易



本棚を増設してみたのですが、それでも間に合わないのでリビングに薄型の本棚を



置かせてもらうことに(幅45×奥行き32×高さ180、それが届いた本棚)。 全部を



文庫用に、と思ったけれど大型本もあったので・・・しかし標準装備では棚の数が足りない!



結構広いスペースが開くので、ここは少し工夫したいところだ(ホームセンターやら雑貨屋を



回ろう)。



 で、あたしの抱えている未読本なんですが・・・100冊くらいあるんじゃないか、という



気がしてきて途中で数えるのをやめました(それ以上ありそうな気がしてきました)。



 で、出版社別に本を並べてみたりして・・・創元推理文庫の背表紙の色はどうやって



決められているのだろう?、とその共通項を読み取ろうとしてみたり。 薄い黄緑は古典?



薄いピンクは女性作家? 薄い朱色はイギリス作品? 薄い青緑はヨーロッパ作品かなぁ、



と考えてみたけれど、例外が見つかる・・・(調べたら正解があるのでしょうが、自分であー



でもない・こーでもないと考えるのが好きなのです)。



   と、こんな感じに。

       今後増えることも想定して余裕を持っていますが・・・どう並べるかも考える。



 基本は未読本がすぐに出せる状態を作ること、お気に入りの本の定位置をつくること、



既読本でそう簡単に再読しなさそうなやつは段ボールに入れてしまうこと、を目的に進めて



いますが、そうすると以前段ボールに入れたやつも出してきて整理し直したい気持ちに



(シリーズものとか続きが出てるし、一緒にまとめておきたいとかあるではないですか)。



ハヤカワ文庫はトールサイズ以前・以後で分けたいよねぇ。 日本人作家と外国人作家



とも分けたいかなぁ(というかマンガも多いんだよ、どうしよう)。



 と、そんなこと言ってると終わらない・・・続きは連休後半に!


posted by かしこん at 04:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする