2013年03月11日

また、この日が。



 ちょっと前から新聞やTVがその話題を振ってくるのが、ずっと鬱陶しくて嫌だった。



 <“風化”を避けるため>と言いたいのかもしれないが、まだ2年である、風化も何も



あるか。 関係各所以外が忘れてしまっているのだとしたら、そもそもの普段のマスコミの



姿勢に問題があるんじゃないの。 季節の風物詩化してるのは誰なの?、って話。



 勿論、今だから話せるようになったこととかあるだろうけど、それをお涙頂戴的に演出



されるのがイヤなんじゃ。 復興の遅れを非難するなら、義援金の行方がどうなってるのか



調べなさいよ



 そんなわけで、「この日に向けて」的キャンペーンに背を向けるあたし。



 忘れてなんかいない。 つらさも悲しさも変わらない。 何もできない自分に腹が立つ。



 でもそれは、あたし自身がかみしめるべきこと。



 だから、今日もいつも通りの自分でいます。


posted by かしこん at 04:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする