2013年03月02日

週末は糸が切れます・・・



 平日はそれなりに気を張っているせいでしょうか、週末となると(しかも特に予定がないと



なると)、すっかりダメ人間になってしまうあたしです。



 ここのところ、寒さが緩んできたかと思えばまたぶり返してきたり、という気温の変動も



あるのかもしれませんが、どうも睡眠時間がまったく一定ではないあたし。 先日の通院で



困り果てたドクターが、「ちょっと試しに、これ飲んでみる?」、と紹介してくれたのが、



<ロゼレム8ミリ錠>。 体内時計のずれを調整する役割があるらしい。



 とりあえず7日分をもらったのですが、どういう感じになるかわからなかったので週末を



待って服用。 すると、いつもより早く眠気が!



 しかし、睡眠不足が何日も続いたときみたいな頭痛と、ちょっと目を閉じると頭の中で



ぐるぐる回る眩暈。 これはいかん・まずいだろ、と早々に布団に入りますが、本格的に



目をつぶればより乗り物酔いにも似たぐるぐる眩暈がちょっと気持ち悪い。 でもそれに



耐えているうちに、いつの間にか眠ってしまったらしい。 翌朝、目覚ましをかけた時間の



30分前に、パチリと目が覚めた。



 ・・・なんとなく、短日処理された植物の気持ちってこんな感じ?、と思ってしまった。



 で、起きたんですが・・・どうもだるい。



 ちょっとお茶を飲み、ちょっとなんか食べ、ちょっと本を読み・・・しかしすべてが長く



続けられない。 ちょっと横にならせてください・・・寝るわけじゃないんだけど、それが楽。



そんなことを繰り返すうちにちょっとうとうとしたり、短時間熟睡してみたり。



 新しい薬はどう影響が出るか飲んでみないとわからないからな・・・でもこれが平日の朝



だったら、パッチリ目が覚めるのは非常に気分が爽快だったはず。 休日の実験は、



自分のダメ度に引きずられますなぁ。


posted by かしこん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 体調 好不調の波 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

牡蠣三昧@ガンボ&オイスターバー



 昨年末、勢いでミント神戸のオイスターバーのポイントカードをつくってしまった。



 そしたらばときどきお得情報を載せたメールがやってくる。 2月の初めにやってきた



メールで紹介された<2月限定・牡蠣三昧>コースは、あたしを魅了した。



 おまけに、通常価格¥6,980のところを¥3,980で、である!



 これは行かなきゃダメじゃないの〜(すみません、お得感に弱いのです)、ということで



予約を入れた。



   (写真は二人分です)

     生牡蠣3ピース、牡蠣のマリネカクテル3種盛り合わせ



 最初の一皿にして、メインの風格。 三種類のタレがついてくるけど、軽くレモンを絞るか



何もしないぐらいの方が生牡蠣はおいしい気がするんです。 今回の生牡蠣は兵庫県産が



多かったなぁ。 「おぉ、甘い!」、「なんだかクリーミーだよ!」とひとしきり盛り上がる。



 マリネカクテルの方は、一度火を通したものをオリーブオイルに漬け込み、いろんなものと



合わせました、という感じか。



   前の皿が片付く前にもう次の皿が・・・。

     カキフライ・牡蠣の素焼き・牡蠣のバターソテー



 素焼きはシンプルで、中央はちょっと生っぽさが残っているかも?、な感じ(だからか



サイズが大きい)。 バターソテーは初めて食べたのですが、衣のないカキフライみたいな



感じ! なるほど、これはおいしい。 カキフライは最後に手を出したのですが、それでも



中は熱々でした(この段階で、あっというまに牡蠣を9ピース食べていることに)。



   最初の写真を撮る前に取り分けてしまった。

     牡蠣のワイン蒸し



 高温の蒸気で蒸されているせいでしょうか、白ワインぽさも牡蠣独特の磯っぽさもまったく



なく、熱くてふんわり甘い食べ物になってました。 これは一人2ピース。



   そして最後の一皿は・・・。

     焼き牡蠣5種盛り合わせ



 グラタン風・和風・イタリアン風などと工夫を凝らしてありますが、やはり牡蠣は牡蠣



なのであります。 生がいちばんおいしいよな・・・でも食べすぎたら身体冷えるしね・・・



むずかしい。



 「何かしめの一品がほしい! ごはんが食べたい!」とのことだったので、ミントの地下に



できたお寿司屋さんが一貫ずつ注文できて使い勝手がいいよ、結構おいしいし、という話を



したら、一緒に行ったえむさんの心は途中から鮨にとらわれてしまいました。



 というわけで最後にサービスの“牡蠣の出汁がたっぷり出たスープ”をいただいて、



一時間そこそこでお店を出たのでした。



 一軒の店でフルコースを食べるのではなく、前菜はここ・メインはここ・しめはここ、



みたいなお店の使い方もありだなぁ、ということを思い知りました。



 腹ごなしにちょっと本屋さんを見て、「1・2貫でもいいのよね〜」と言っていたえむさんは、



地下の宝田水産で6貫食べました・・・でも気に入ってもらえてなにより。 「今度はこの



お店をメインにしましょう!」と盛り上がるのでした。


posted by かしこん at 06:48| Comment(3) | TrackBack(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする