2013年01月29日

今日は、7冊



 大きな本屋さんに行ったのでした。



   氷と炎の歌第4部

    乱鴉の饗宴/ロバート・R・R・マーティン



 多分初文庫化。 これでめでたく現行の作品は手に入りやすくなりました。



 第4部までは読了済み。 第5部が今年夏にも刊行予定。



 そして第一部『七王国の玉座』のTVドラマ版『ゲーム・オブ・スローンズ』もついに日本



公開開始!、とよろこびたいところですが、スターチャンネルのみの放送で、オンデマンドで



第一話のみ2/1〜無料放送される。 時間はかかるがそのうち他の局にも落ちていく



だろうから地道に待つけど、第一話だけでも見られるのはうれしい。



   天命の標Y 宿怨 part3/小川一水



 ついに長かった第6部もこれでいったん終了、次は第7部へ。 ここまででシリーズは



大きな変換点に来たんだろうな・・・とほとんど読めていませんが感じています。



 10部で完結予定ですが、あと何冊かかるんだろう・・・。



   一九三十四年冬――乱歩/久世光彦



 テレビの演出家として知られる彼の小説第一作、復刻。



 大出世したその後、乱歩の人生での「4日間の失踪」にスポットを当てて「もしかしたら、



そうあったかもしれない日々」を幻想的に描きます。



 ハードカバー出版時に読んでいるのですが、それが創元推理文庫に入ることの幸せ、



みたいな・・・。



   あの夏、エデン・ロードで/グラント・ジャーキンス



 訳者の二宮馨さんはあたしのオールタイムベストテン作品マキャモンの『少年時代』の



訳者でもある。 これは10歳の少年が主人公ということで・・・共通項を勝手に感じて



しまったわけなのであるが。 帯に「早くも2013年を代表するイヤミス」と書いてあったり、



読後感は最悪っぽい。 それでも、買ってしまう不思議・・・。



 あとは『西の善き魔女』3巻と『西原理恵子の人生画力対決』5巻を買い、合計7冊、



7000円オーバー・・・。


posted by かしこん at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする