2013年01月22日

公立高校の入試はそんなに簡単に中止が決まるのか



 大阪の桜の宮高校の問題。 あたしは地元民ではないので、どれくらいの歴史が



あってどれくらいの強豪かどうかは知らない。 が、公立高校の数は限られている



以上、そう簡単に入試を中止されたり減らされたりしたら受験生が困る!、というのは



わかります。



 また大阪橋下市長が「予算の削減」とちらつかせた結果、あっさり市教育委員会が



その提案を飲む、という「大人の事情」で決まることもなんだかな(それこそ、「教育



委員会不用説」に話が固まるような展開だ)。



 だがしかし、自分が受験生だとして、こんな高校に行きたいのかな、と考えると・・・



行きたくないよなぁ、と思う。



 折衷案としてこれまでの体育科を普通科として募集、しかしカリキュラムはこれまでの



ままだという。 看板だけかけ替えて、意味があるのか?



 そもそも、これを言うと各方面からすごく非難を浴びるかもしれませんが、バスケ部の



キャプテンが<いじられ役>・<殴られ役>になっていたとき、周囲の人間は誰もそれを



かばえなかったのか? だとしたら他の教師も生徒も同罪なんじゃないの? 「先生、



やりすぎです!」と誰も間に入ることができないのだとしたら、それはそれでスポーツマン



失格なんじゃないのか、とも思うんですけど(それはあたしが運動部ではなかったから



そう思うのでしょうか)。



 何も言えない洗脳された空気があったならば、それはそれで問題だし、一回解体して



全部作り直すぐらいの勢いがないとダメなのでは・・・。



 とりあえず、在校生はカウンセリングを受けなさい。 ストックホルム症候群とかそれに



似たものかもしれんぞ!


posted by かしこん at 03:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする