2013年01月17日

18回目の1.17



 もう、追悼行事はそこここで始まっています。



 あの日、何をしていたか。 それは神戸に住む人たちのおおきな話題の一つ。



 あたしはまだ神戸に住んでいませんでした。 大学生でした。 それでも、あの日の



ことはとてもよく覚えています。



 同じように、3.11のあの日のこともよく覚えています。



 記憶に刻み込まれてしまった一日。



 鎮魂の会には出ませんが、あたしは心の中で蝋燭を灯します。



 体験していない者にとっては、体験した人たちと同じ土俵に上がれない気がするから。



 それでも、思う気持ちはあるんです。 それだけですけれど。



 だから、忘れないことが、あたしにできる唯一のことなのかも。 忘れられないけど。


posted by かしこん at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする