2013年01月12日

第85回アカデミー賞ノミネーション

 いつのまにか、次回のアカデミー賞のノミネーションが発表されました。
 実際の発表の様子や詳細は『E!』の番組が日本で放送されるか、WOWOWがノミネーション作品その他を紹介してくれる番組を待つとしますが。

≪作品賞≫
  『愛、アムール』
  『アルゴ』
  『ハッシュパピー バスタブ島の少女』
  『ジャンゴ 繋がれざる者』
  『レ・ミゼラブル』
  『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』
  『リンカーン』
  『世界にひとつのプレイブック』
  『ゼロ・ダーク・サーティ』

 『愛、アムール』が作品賞にノミネートということは、外国語映画賞は決まったも同然ではないか! 『アルゴ』は予想通りですがまさか『ジャンゴ』までとは・・・。
 とりあえず本命は『リンカーン』ということなんでしょう。 これと、『アルゴ』と『ゼロ・ダーク・サーティ』・・・アメリカ的正義を肯定したい機運が見受けられますね。

≪監督賞≫
  ミヒャエル・ハネケ    (『愛、アムール』)
  ベン・ザイトリン     (『ハッシュパピー バスタブ島の少女』)
  アン・リー        (『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』)
  スティーブン・スピルバーグ  (『リンカーン』)
  デビッド・O・ラッセル     (『世界にひとつのプレイブック』)

 もしもハネケが獲ったら大事件だ! でもスピルバーグであればつまらないので、大波乱を期待。 それにしてもベン・アフレック、ノミネートされなかったのね。

≪主演男優賞≫
  ブラッドリー・クーパー   (『世界にひとつのプレイブック』)
  ダニエル・デイ=ルイス  (『リンカーン』)
  ヒュー・ジャックマン     (『レ・ミゼラブル』)
  ホアキン・フェニックス   (『ザ・マスター』)
  デンゼル・ワシントン    (『フライト』)

 わー、ブラッドリー・クーパー、おめでとう!
 でも本命はダニエル・デイ=ルイスなんだろうけど・・・(『リンカーン』の劇中写真見たけど、メイクでリンカーンそっくりになりすぎだったよ! ダニエル・デイ=ルイスである意味あるのか?というくらい)。 見た目どれだけ似てるか、という点で評価される風潮はそこそこで抑えてほしいが、リンカーンほどの有名人であればイメージ通りの顔でなければ許されないのだろうか。 それとも「似てるだけじゃないか!」という批判の矛先を向けられないためにダニエル・デイ=ルイスにオファーしたんだろうか・・・。
 『フライト』も『ザ・マスター』も是非見たいと思ってます。
 しかしディカプリオはまた空振りですね・・・。

≪主演女優賞≫
  ジェシカ・チャステイン   (『ゼロ・ダーク・サーティ』)
  ジェニファー・ローレンス   (『世界にひとつのプレイブック』)
  エマニュエル・リヴァ     (『愛、アムール』)
  クワベンジャネ・ウォレス  (『ハッシュパピー バスタブ島の少女』)
  ナオミ・ワッツ          (『インポッシブル』)

 ジェニファー・ローレンス!、もうすでに実力派女優と呼ばれて違和感なくなってきた・・・うれしい。 ナオミ・ワッツは映画自体が他に一切ノミネートされていないので彼女の演技だけが単独で評価されたわけで・・・そういうのは意外と強かったりするのよね。 ジェシカ・チャスティンも3年連続ぐらいのノミネートでは。 勢いのある人がやはり力のある作品に呼ばれてしまうからでしょう。

≪助演男優賞≫
  アラン・アーキン        (『アルゴ』)
  ロバート・デ・ニーロ       (『世界にひとつのプレイブック』)
  フィリップ・シーモア・ホフマン   (『ザ・マスター』)
  トミー・リー・ジョーンズ     (『リンカーン』)
  クリストフ・ヴァルツ        (『ジャンゴ 繋がれざる者』)

 毎年お馴染み激戦区の助演男優賞。 『アルゴ』からはアラン・アーキンかぁ。 ジョン・グッドマンもよかったけどなぁ。 すごく困るわ。

≪助演女優賞≫
  エイミー・アダムス    (『ザ・マスター』)
  サリー・フィールド    (『リンカーン』)
  アン・ハサウェイ     (『レ・ミゼラブル』)
  ヘレン・ハント       (『The Sessions(原題)』)
  ジャッキー・ウィーバー  (『世界にひとつのプレイブック』)

 サリー・フィールド、最近はすっかりエミー賞だったのに、ドラマが終わったらすぐ映画に戻るんですね。 ここも誰が獲ってもおかしくない激戦区ですが、個人的にはエイミー・アダムスかアン・ハサウェイがいいかなぁ。

≪脚本賞≫
  ミヒャエル・ハネケ (『愛、アムール』)
  クエンティン・タランティーノ (『ジャンゴ 繋がれざる者』)
  ジョン・ゲイティンズ  (『フライト』)
  ウェス・アンダーソン&ロマン・コッポラ (『ムーンライズ・キングダム』)
  マーク・ボール (『ゼロ・ダーク・サーティ』)

 予告を見たら『ムーンライズ・キングダム』が面白そうだった。 あの『ダージリン急行』の人たちですからね。 キャストも豪華だし、オリジナル脚本で独自の世界をつくる数少ない人たちだ。 ま、ここに挙がってる作品は全部見る予定ですけどね。

≪脚色賞≫
  『アルゴ』
  『ハッシュパピー バスタブ島の少女』
  『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』
  『リンカーン』
  『世界にひとつのプレイブック』

 『世界にひとつのプレイブック』、公開予定はいつなんだろう? まだ神戸では見ないけど・・・気になる。 お願いしますよ、シネ・リーブル神戸!

≪視覚効果賞≫
  『ホビット 思いがけない冒険』
  『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』
  『アベンジャーズ』
  『プロメテウス』
  『スノーホワイト』

 ま、ここは手堅く『ホビット』でしょうか・・・。
 『ライフ・オブ・パイ』は予告を見たけどCG感が半端なかったんだけど・・・全編見たら印象が変わるのかなぁ。 どうもアニメっぽく感じたんだけど。

≪美術賞≫
  『アンナ・カレーニナ』
  『ホビット 思いがけない冒険』
  『レ・ミゼラブル』
  『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』
  『リンカーン』

≪撮影賞≫
  シーマス・マッガーベイ  (『アンナ・カレーニナ』)
  ロバート・リチャードソン (『ジャンゴ 繋がれざる者』)
  クラウディオ・ミランダ  (『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』)
  ヤヌス・カミンスキー    (『リンカーン』)
  ロジャー・ディーキンス  (『007 スカイフォール』)

≪衣装デザイン賞≫
  ジャクリーン・デュラン  (『アンナ・カレーニナ』)
  パコ・デルガド      (『レ・ミゼラブル』)
  ジョアンナ・ジョンストン (『リンカーン』)
  石岡瑛子         (『白雪姫と鏡の女王』)
  コリーン・アトウッド   (『スノーホワイト』)

 石岡瑛子さん、なくなる前だったらよかったのにね・・・。

≪長編ドキュメンタリー賞≫
  『壊された5つのカメラ』
  『The Gatekeepers(原題)』
  『How to Survive a Plague(原題)』
  『The Invisible War(原題)』
  『シュガーマン 奇跡に愛された男』

≪短編ドキュメンタリー映画賞≫
  『Inocent(原題)』
  『Kings Point(原題)』
  『Mondays At Racine(原題)』
  『Open Heart(原題)』
  『Redemption(原題)』

≪編集賞≫
  ウィリアム・ゴールデンバーグ (『アルゴ』)
  ティム・スクワイアズ (『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』)
  マイケル・カーン (『リンカーン』)
  ジェイ・キャシディ、クリスピン・ストラザース (『世界にひとつのプレイブック』)
  ディラン・ティチェナー、ウィリアム・ゴールデンバーグ (『ゼロ・ダーク・サーティ』)

≪外国語映画賞≫
  『愛、アムール』 (オーストリア・フランス・ドイツ)
  『コンティキ(原題)』 (ノルウェー・イギリス・デンマーク)
  『NO』 (チリ)
  『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』 (デンマーク)
  『魔女と呼ばれた少女』 (カナダ)

 あっ!、『最強のふたり』が選に漏れている! 「世界各地でフランス映画としての興行収入を続々塗り替え中」の現象は追い風にならなかったか・・・残念。
 『魔女と呼ばれた少女』も面白そうだと思ってました。 デンマーク映画の勢いも衰えを知らないなぁ。 どれも見たい。

≪音響編集賞≫
  『アルゴ』
  『ジャンゴ 繋がれざる者』
  『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』
  『007 スカイフォール』
  『ゼロ・ダーク・サーティ』

≪録音賞≫
  『アルゴ』
  『レ・ミゼラブル』
  『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』
  『リンカーン』
  『007 スカイフォール』

≪メイクアップ&ヘアスタイリング賞≫
  『ヒッチコック』
  『ホビット 思いがけない冒険』
  『レ・ミゼラブル』

≪作曲賞≫
  『アンナ・カレーニナ』
  『アルゴ』
  『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』
  『リンカーン』
  『007 スカイフォール』

≪主題歌賞≫
  “Before My Time”   (『Chasing Ice(原題)』)
  “Everybody Needs A Best Friend”  (『テッド』)
  “Pi's Lullaby”  (『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』)
  “Skyfall”  (『007 スカイフォール』)
  “Suddenly”  (『「レ・ミゼラブル』)

 やはりここはアデルに“Skyfall”を歌ってもらいたい!

≪美術賞≫
  『アンナ・カレーニナ』
  『ホビット 思いがけない冒険』
  『レ・ミゼラブル』
  『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』
  『リンカーン』

≪短編アニメーション賞≫
  『Adam And Dog(原題)』
  『Fresh Guacamole(原題)』
  『Head Over Heels(原題)』
  『Maggie Simpson in “The Longest Daycare”(原題)』
  『Paperman(原題)』

≪短編実写映画賞≫
  『Asad(原題)』
  『Buzkashi Boys(原題)』
  『Curfew(原題)』
  『Death of a Shadow(Dood Van Een Schaduw)(原題)』
  『Henry(原題)』

 この結果は日本時間の2月25日!
 今年は仕事を休んで衛星生中継を見られるか!?

ラベル:アカデミー賞
posted by かしこん at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする