2012年12月10日

北斎 ― 風景・美人・奇想 ― @大阪市立美術館



 会期ぎりぎりで、北斎展に行く。



 さすが最終日だけあって、駆け込み組が沢山(いや、もともと人気なのかもしれない



けど・・・)。 入場制限が設けられ、会場前の扉の前でそこそこ待たされる。 ちなみに



この日は神戸市でも雪がちらつき、美術館がある茶臼山に行くまで吹きっさらしを



歩いたので、待たされるにしても建物の中でよかったです。



   これぞHOKUSAI!、大阪に来たる。



 入場制限が出てしまうのは、展示物がひとつひとつ小さいサイズでそれに群がったら



先に進まないからでした。 壁にかけてあればまだいいが、ガラスケースの中になると



最悪。 「最前列でご覧になりたい方は列に並んでください。 そうでない方はどんどん



先に進んでいただいても大丈夫です」ということだったので、あたしは隙間をのぞき込む



感じでどんどん進みます。



 正直なところを言うと、あたしは北斎の人物画にあんまり惹かれない。



 だから『富嶽三十六景』の青はやっぱりきれいだねぇ、とか、『百物語』の怖いものを



描いているはずなのににじみ出てしまうユーモアとか、ユーモラスなんだけどたまに



リアルすぎてグロい動物などがお気に入り。 後半の方にポツンと静物画みたいなのも



数点あって、これすごくステキ!、とはしゃぐ。



 もし北斎が現代に生きていたら、絵描きではなく写真家になっていたかも、とあたしは



ちょっと思ってしまったりするんだけれど、それは<ある一瞬>を絵で上手に切り取って



いる感じがするから。



 ミュージアムショップも込んでいたが、あたしの気に入った絵のポストカードはなんにも



ない・・・手ぶらで帰るのでした。


posted by かしこん at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・演劇・芸術・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする