2012年12月04日

相当、ひどい話。

 トンネル崩落事故・・・詳細がわかる度にどんどんひどいことになっている。 
 かつて、北海道のトンネル事故がありましたけど・・・あれは一気に崩れ落ちたような記憶が・・・なんか今回、あれとは違うパターンぽいのは気のせいですか。
 今回は距離的な問題か構造的な問題か、ばらばらと多少の時間差があったように感じられました。
 ワイヤーで釣ってたって、どういう構造? どう保守点検していたのやらと聞けば“目視”だとか・・・それだけプロの職人さんを雇えているわけないだろう!
 まさかとは思うんですが、まったく新しく道路やハコモノを作ることと、すでにあるモノの補修・点検って予算の中で別枠ですよね? 仕分けや予算短縮で、本来絶対必要なそっちまで削られてるんじゃないですよね?
 まぁ、公立高校授業料無償化のために、小中学校の耐震費用を削るということを平然とやる与党&財務省ですから、驚かないといえば驚かないですが(それもひどい話ですが)・・・巻き込まれた人の身になってみろってんだ。
 予算って・・・そこまで融通のきかないものなの?
 なんか中国のことを笑えないというか、日本はどんどん人の命が安くなっている気がしてならないのですが。

posted by かしこん at 05:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする