2012年11月28日

続・図書館の逆襲



 ふふん、とちょっと心の中で得意げに、図書館の返却カウンターに予約が込んで



いる本をどっと返した。 しかし、あたしの知らないうちにまた予約本が届いていたの



であった。



   極北/マーセル・セロー(村上春樹・訳)



 これは以前本屋さんで見かけて、「わー、寒そうだなぁ」と気になったもののハード



カバーなので躊躇し、とりあえず図書館に予約を入れてみた。 そしたらすごい数の



予約者がすでにあり、「なんで?」と困惑したら訳が村上春樹だったんですよね・・・



なんか納得。 またこれも二週間以内に読まねば・・・なんだか、試験が一個終わったと



思ったら次の試験が決まり、レポート一個仕上げたと思ったら別のレポート課題が出る、



という大学2年生後期末の試験とレポートの無限ループのことを不意に思い出した。



 あぁ、一度返却して再度借りだした『ソウルコレクター』、また後回しである・・・。





 そして、DVDドライブと一緒にアマゾンに注文したのは、気になるのに図書館には



ないもの。



   悪いことをして罰があたった子どもたちの話/

         エドワード・ゴーリー:絵 ヒレア・ベロック:文




 『ギャシュリークラムのちびっ子たち または遠出のあとで』的なものを期待したの



ですが、文を別な人が書いているせいか、ページに英文併記がないからか、ゴーリー的



ではあるんだけど微妙に物足りない感じがしなくもなく・・・なんか、あたしどっぷりと



はまっちゃってますか、ゴーリーに。



   たぶん最期の自殺うさぎの本/アンディ・ライリー



 <お値段据え置き 大増量ページ>だそうなので・・・確かにページ数多い。



 作者もよく途中でイヤにならなかったな、と思うくらい手の込んだ方法やら、前作にも



あった方法の様々なバリエーションが繰り広げられております。 ブラックジョークも



極まれり。



 そうか、最後か・・・と思うと残念なようなこれでよかったような。


posted by かしこん at 06:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする