2012年11月25日

エクスペンダブルズ2/THE EXPENDABLES 2



 これを見てしまうあたしはどうなんだろ?、と思いつつ、前作のオファーを断ったが



故に地元から「断ってる場合か!」と叱られたというジャン=クロード・ヴァン・ダムが



ついに出ると聞いたからには見ないといけないでしょ、みたいな(別にジャン=クロード・



ヴァン・ダムのファンってわけじゃないんですけどね)。



   最強無敵の、その先へ。



 傭兵組織エクスペンタブルズはイラク戦争から除隊した若者ビリー・ザ・キッド(リアム・



ヘムズワース)を新メンバーに加え、今日も無茶な依頼を無茶な手段でこなしていた。



例によってチャーチ(ブルース・ウィリス)から「簡単な仕事だ」と墜落した飛行機から



データボックスの回収を引き受けさせられるが、それが簡単な仕事なわけは勿論なく、



怒濤の戦いが始まる・・・という話。



 ま、細かいストーリーは基本どうでもよかったりします(そのへんは一作目と一緒



ですね)。 血沸き肉躍るアクション(?)を、かつての大スター勢揃いでやります、と



いうのがいちばんのウリなのですから。



   このポスターもいいね!



 で、今回はジャン=クロード・ヴァン・ダムが悪役を一気に引き受けたからなのか、



はたまた他の事情でか、わがいとしのジェット・リーは序盤の仕事のみの登場。



 ちょっと、前作で確立したお笑い担当の座は他に譲ってしまうのか?!



 まぁ短い出番ながら美しい動きは見られたのでよしとするよ(彼になのか、国の都合で



なのか、中国に配慮してる気配がある・・・なんだかかなしくなった)。



 前作からの反省なのか、銃撃戦も爆発も盛り沢山ですが肉弾戦も多かった。



 R指定か?、というくらい敵が血しぶきを上げ、身体の部分もバンバン吹っ飛んで



死んでいく。 そういう映像を見てもこっちはちっとも痛みが伴わないって、ある意味



痛快だ!



 ブルース・ウィリスもシュワちゃんも本格参戦だし、スタローンの人脈はどこまで広い



んだ!、と感嘆することしばし。 シュワちゃんに「銃を貸してくれ」と言われた消耗品



軍団のひとりが「もし返さねえと熔鉱炉に突き落とすぞ」と答えるみたいな字幕が出て



ましたが・・・がっちり台詞には「ターミネーターみたいに」って言ってるのが聞き取れたし、



シュワちゃん「I'll Be Back!」連発だし(で、ブルース・ウィリスに「戻ってきすぎだ!」と



つっこまれている)。 ブルース・ウィリスも『ダイ・ハード』ネタありだし、アクションスター



漫才がいたるところに・・・過去作品を見ている者ほど楽しめる、みたいなお祭り状態です



(そういうのって権利に厳しいアメリカで映画会社違ったら無断で流用できないとかあり



そうなのよね。 それをクリアさせる力がスタローンにはあるということで)。



   いやー、貴重な3ショットですよ。



 とはいえシュワちゃんはすっかり「おじいちゃんだよ!」と観客を驚愕させるし、



まわりが衰えているのでジェイソン・ステイサムの動きのキレがやたら素晴らしく



見えちゃうし(実際素晴らしいんですが)、イカレた人物設定であるはずのドルフ・



ラングレンがやたらキュートだったり、「あ、そういえばミッキー・ローク出てなかった



じゃん!」と気づくのが遅れるぐらいの盛り沢山ぶり。



 でもいちばんの驚愕はチャック・ノリスの登場ですよ。 というか、英語で喋るチャック・



ノリスをあたしは初めて見たかも・・・(『炎のテキサス・レンジャー』は日本語吹替版で



見てたもんで)。 だから顔はわかったんですが、「え、なんか、カタコト? それとも



棒読み?」みたいな感じで、それにすごくびっくりした。 わー、日本語吹替万歳。



 でもチャック・ノリスも出番は少ないがおいしいところを持っていく・・・それだけすごい



人なんですねぇ。



 そしてもう、引っ張るだけ引っ張ってのシルヴェスター・スタローン対ジャン=クロード・



ヴァン・ダムの一騎打ちにはたっぷり時間を割き、おぉ、ジャン=クロード・ヴァン・ダムの



回し蹴りはまだまだいけるではないか!、と噂の『ユニヴァーサル・ソルジャー』の新作が



ちょっと見たくなってしまったですよ(懲りてないな、あたし)。



 なにしろブルース&シュワちゃんコンビの活躍が面白すぎて(インドの車『ナノ』みたいな



ちっちゃい車に二人で乗って、窓開けて銃を打つのがめんどい、と片手でドアをもぎ取って



走り出す、など)、消耗品軍団のみなさんの描写が<その他大勢>扱いっぽくなってる



のが微妙なところですが、まぁそのへんの割り切りは必要なのかな。



 爽快度は前作より明らかに上! 続編のほうが面白い、という数少ない実例に入り



ましたよ、よかったですね!



 『3』もあるらしいという噂もちらほら・・・ならば次の悪役は、ジャン=クロード・ヴァン・



ダムを超えるインパクトの方にオファーをお願いします。


posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする