2012年10月08日

おおっ! ついに!



 休日だし、なんとなくぼんやりしてたら携帯画面のニュースに、<山中教授、



ノーベル賞受賞>の文字が。



 ・・・おおっ!(ぼんやりしていたため事実が頭にしみわたるのに時間がかかって



おります)



 よかったですねぇ。



 iPS細胞の開発、というのが現代医学のターニングポイントになり得る研究だと



発表されてから誰もが気づいたとはいえ、「実用化されていかに成果を上げたか」が



基準のひとつであるノーベル賞にはもう少し時間がかかるかと思っていた(優れた



アイディアに送る、ということであれば数年前に送られていても不思議ではなかった



わけだし)。



 ま、ノーベル賞の世界も順番待ちみたいなところがあるし、ドクター・ガートンも同時



受賞ということは生物の細胞を利用することは遺伝子をいじることとは違うという倫理的な



ゴーサインが出たってことかな、って勝手に勘繰ってみたり。



 医学・生理学賞の受賞ということで・・・近年の日本人関連の受賞内容としてもわかり



やすいですよね。 物理関係のときは新聞記者も「これ、本人わかって書いてるの



かな?」みたいな尻切れトンボ的記事が横行していたからな・・・このへんからも、日本の



理科離れが懸念されます。



 というか、ほんとにすごいのは「日本国内で研究して、ノーベル賞がとれたこと」。



 予算がなくて、いろいろあって、どれだけの頭脳が海外に流出してると思ってるんだ。



「なんだ、日本でもやればできるじゃん」ではなく(山中教授は自分で身体を張って資金を



調達していた、その時間を研究に向けられていたらもっと早く結果が出たかもしれない



のに)、これをきっかけに基礎研究をサポートする体制がきっちりできるといいな、と



思います。 理系の予算のなさ、予算を獲得するための苦労を垣間見ているだけに、



余計しみじみ。


posted by かしこん at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする