2012年10月07日

カエルの王様救出大作戦



 実は、隠していたわけではありませんが、あたしはひそかなカエル好きであります。



 熱帯地方に住むカエルの写真集を嬉々として見てしまう程度ですが(でもイグアナや



ヤモリなんかも好きなので、両生類・爬虫類全般が好きなのだと思う。 ヘビは足がない



のでちょっと保留)。



 しかしカエルならばなんでも好きかというわけでもなく・・・キャラクターになればなるほど



好みに合う・合わないが顕著になります。 そんなあたしが、しばらく愛用しているキー



ホルダーが、こちらでございます。



   ハートを持ったカエルの王様。

               ドイツのメーカー・トロイカ製。



 ねじ部分をつなげてわっかにして使うのですが、先日、そのねじを入れ込む部分ごと



金具から出てきて、あやうく鍵などがバラバラになる事態に。



 接着剤でうまく金具にはめ込めばいい・・・だけなのですが、なにしろドイツの手仕事、



部品が小さい(そしてあたしは不器用)。 接着剤の量がちょっとでも多すぎればねじが



はまらなくなる・もしくはねじが回らなくなる可能性あり。 トロイカの製品を扱っている



お店はないかとちょこちょこまわってみたが、見つからず。



 こうなったらナスカン付きのキーホルダー金具に、チェーンで王様をつけようか?



 いろいろ試行錯誤したものの、どうもしっくりこない(そりゃそうだ、今までの状態が



ベストなのだから)。 だからといって他のキーホルダーに変えるには、あたしはこの



カエルの王様に愛着がありすぎである。



 そんな矢先に、こんなものを発見!



   MoMAのキーホルダー



 ループ部分の太さがほぼ一緒! 止める金具の仕組みもほぼ一緒!



 というわけでこれを買ってみました(しかしMade in Chinaと書いてあってがっかり・・・



ニューヨーク近代美術館の名を冠しておきながら中国製なのかよ! ドイツに発注



しなさいよ!、の気持ち)。



 が、金具につながる金属が長く、王様の両足がつくっている独特のカーブを通らない



・・・苦肉の策で、どうにか片足だけ通していただく。



   一応、恰好はついたかな。



 こうして、また王様にはうちの鍵を守っていただく所存。



 何年か前のクリスマス前に大丸神戸店にトロイカが出展したのですよね。 それ以来



ずっと待っているのだけれど(他にもかわいいのがあったから。 プレゼントにも手頃



だし)、なかなか来てくれない・・・このわっかだけ売ってくれないかなぁ。



 というか、素直に日本でのトロイカの代理店を調べなさい、という話でした。


posted by かしこん at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする