2012年09月23日

今日は3冊と、マカフィー



 まだ先だなぁ、と思っていたのに、いつの間にか発売日が来ていたではないか!



 普段から微妙におかしい日付感覚ですが、7月後半〜8月いっぱいがわけのわからない



速度で過ぎ去っていったおかげでまだ9月も後半だという感覚を持てないでいます。



 とはいえ、即座に入手するのであります。



   ファイアーウォール/ヘニング・マンケル



 ヴァランダー警部シリーズ第8作。 先日WOWOWで『刑事ヴァランダー 白夜の



戦慄3』が放送になっていて(録画して見る気は満々なのにまだ見れていない・・・)、



東京創元社の今年の翻訳リストに早々に『ファイアーウォール』のことも告知されて



いて、もしかしてこのBBCのドラマのおかげで日本での翻訳刊行ペースが早まったの



かしら(これまでは一年に一作出るかどうかだったのに、この二年で3作出ましたからね)、



とのよろこびも束の間、ヴァランダーシリーズは残りあと2作・・・シリーズの続きの前に



ヘニング・マンケルのシリーズ外作品も翻訳されるようなので、それはそれで楽しみです。



 『ファイアーウォール』は実は前述のドラマ『白夜の戦慄』第一シーズンですでに放送



されていて見てしまっているんだけれど、そもそもこの原作を90分のドラマにまとめる



には無理があるし、たとえ筋を知っていても書き込まれているディテールはドラマとは



別物。 ドラマはドラマでケネス・ブラナー演じるヴァランダーの苦悩の方に力点が



置かれていて事件の背景やミステリとしての要素は原作には勝てないとわかった上で



スウェーデンの空気感を映像に収めることが唯一ドラマにできること、と割り切った感が



あるので(勿論、ケネス・ブラナーが魅力的ですが)、BBCのドラマも好きなんです。



 読みかけの本も多々ありますが、手もつけてない本も山ほどありますが、これはつい



先に読んでしまうんだろうなぁ。



   ディミター/ウィリアム・ピーター・ブラッティ



 『エクソシスト』の原作者によるまったく分類不可能な驚愕のミステリ、みたいなこと



書かれてたら否応なく気になるじゃないか・・・。 この、おどろおどろしさ全開の表紙も



いい感じすぎるし。





 そしてマイシールドからマカフィー for ZAQ への移行ですが・・・。



 「自動で削除しています」があまりにも長くかかっており(それこそ何日も!)、こりゃ



どうしたもんかなぁ、と思っていたらWindowsの自動更新が勝手にかかってしまい、



PC自体が再起動。 そしたらマカフィーが「削除に失敗しました。 マイシールドを



手動で削除してください」と言い出し、コントロールパネルからアンインストール手続きを



したら「もう既に削除されている可能性があります」と言われ・・・結局、削除はできてた



んですよ。 なんだったんだ、一体・・・というわけでマカフィーのインストールも無事



完了。 しっかり常駐して働いてくれています。



 しかしOutlookを立ち上げたときに「認識できません」みたいなことを言われて焦った・・・。



家で組んでる無線LANのIPアドレスを振り分け直されたのかと思って。 携帯電話から



メールを送ってみて、届いたので安心。



 設定を一個変えると何がトラブルかわからない怖さがあるわ〜。


posted by かしこん at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする