2012年09月18日

眠い、ピークが過ぎたら・・・



 眠くてどうにもならない、のピークが過ぎたら、またしても「まったく眠くない・



眠れない」のゾーンに突入してしまいました。 なんでこう極端なのか。



 そしてあたしが眠くて動けない間に、中国の反日デモはものすごいことになって



いたんですね。 ま、でもそれは、ある程度は<チャイナリスク>というか、中国で



商売するなり暮らすなりする人たちには常に伴う危険性として想定の範囲内だと



思います(もしそういうことを考慮に入れずに中国で仕事する人がいたら、さすがに



ただのバカでしょう)。



 で、今回の報道の中にあったのでびっくりしたのが、<中国国内の反日デモで



被害にあった日本企業や日本人は、石原都知事に賠償請求すべきだ>的内容。



 ・・・どうすれば、そういう結論に辿り着けるのか?



 別にあたしは慎ちゃんのファンではないですが(いいこと言うなぁ、と思うときも



あれば、それ無茶だなぁ、と思うし、特に好きなわけでもないですが嫌いというほど



でもない程度)、それはさすがに言い掛かりではないですか。



 確かに、彼が尖閣諸島を東京都が買う、と言い出したから中国がざわつき始めた



のはそうでしょう。 でも、都が買うという予定で進行したとしても、当初の予定では



尖閣諸島が東京都所有になるのは早くても来年の4月以降だったはず。 そこを国が



口出して横から入ってとっとと国有化しちゃったから、中国の反発心の火に油を注いだ



のでは? となれば、その論理では賠償責任を果たさなければならないのは日本の



政府ではないでしょうか。



 勿論、<反日>という名のただの暴動、暴力・略奪行為なのだから中国国内で



裁かなければ国際社会にも示しがつかないはずなのですが(一応、国連の常任



理事国ですよね?)・・・そんなに「日本は中国なしには立ち行かないのだから日本は



中国の言いなりだ」と豪語するならとっとと日本からのODAを辞退するなり返還する



なりしてほしい。 そして<愛国市民>たちも中国人同胞が働く店を襲うのではなく



日本が金を出し、日本が技術面でも支援した橋やら建物やらそれこそ中国が世界に



誇る新幹線とやらをぶち壊せばいいものを(ま、韓国同様、そういうのに日本が支援



しているとは知らされていないんでしょうけどね)。



 つくづく、歴史を知らないとか教養がないというのは・・・愚かなものです。



 (ユニクロもかなりヤバい会社だなー、ってこともわかっちゃいましたしね)



 日本人はこれを反面教師とし、もっと歴史を学ばなければ。


posted by かしこん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする