2012年08月04日

ダークナイト ライジング/THE DARK KNIGHT RISES

 宣伝チラシに、ある人物のコメントとして「この映画のためならゴッサムシティの試写会まで行く」みたいなのがあったんだけど、うーむ、これって「この映画を見るためなら命を惜しまない」って意味を伝えたかっただけなんだろうけれど、あたしには「この人、お金出して自分で映画見に行かない人なんだな〜(いいご身分だな〜)」と思われて終わりました。
 それはともかく、ノーラン版『バットマン』三部作完結編。

  ダークナイトライジングポスター1.jpgダークナイトライジングポスター.jpg 伝説が、壮絶に、終わる。
 前作『ダークナイト』は映画館で見たとき、いまいちぴんと来なかったんです。
 ジョーカー(ヒース・レジャー)はすごいって前評判が高かったし、確かにジョーカーはすごかったんだけど、決着ついてなくない? そしてむしろ、これってハービー・デント(アーロン・エッカート)の物語なんじゃないの?、と。 でものちのちWOWOWでまた見たり、この前も地上波でやってるの見ちゃいましたけど、「こんなにも神話的要素が入ってるなんて!」とびっくりしたわけです。
 それ故、今作の感想にも『バットマンビギンス』・『ダークナイト』の内容が当然のように出てきますので、見ていない方はご注意ください。
 というわけでものすごく個人的に期待値の上がったこの映画、早々に見に行きました(さすがに前夜祭にはスケジュールの都合のため行けず)。
 冒頭、いきなりの飛行機による要人誘拐の顛末に心臓稼働率上昇。 これは期待を裏切らない仕上がりか!、とわくわくする。
 前作『ダークナイト』から8年後、英雄として死んだハービー・デントの名をとった<デント法>により暴力や犯罪に対する刑罰が厳しくなったゴッサムシティは、かつてが嘘のように平和な街になっていた。 警官はヒマな職業になり、“あの人”は引きこもり生活を送っている。

  ダークナイトライジング1.jpg バットマンスーツは長いこと封印。
 憔悴し切った様子のブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)はただただ屋敷に引きこもり、レイチェルの写真にすらも覆いをかけてほんとになんにもしていない(まぁ、これまでの戦いで全身にいろいろ無理が来ているのは確かなようで、杖をついて歩いたりなどしている)。 そんな主人を見ているのがつらい忠実なる執事アルフレッド(マイケル・ケイン)は、せめて家から出なさい、バットマンスーツを脱いだ自分の人生を生きなさいと説教。 アルフレッドが大好きなあたしはもうこの彼の慟哭のような心の叫びに涙しちゃいました(まだ映画は始まったばかりである)。
 が、平和な街の地下でひそかな陰謀が進行中。 かつての修行仲間の一人であったベイン(トム・ハーディ)がゴッサムシティを、もしくは世界を破滅させるために。

  ダークナイトライジング7.jpg ベイン、ずっとへんなマスクをしてるし声も処理されて変わっているしで、わかっているのに全然トム・ハーディとわからない!(後半、回想シーンでほんの一瞬、本来の顔が映りますが)
 ジョーカーは<顔にペイントする化粧>という形で素顔を隠していたけれど、ベインは自分の生命維持装置として機械のマスクをつけている。 で、どっちが本心がわからない不気味さがあるかというと・・・ジョーカーのほうだなぁ、という気がしてたまらない。 あぁ、なんで死んだんだヒース・レジャー! あなたが生きていたら、この映画のストーリーはまったく違ったものになっていただろうに!、と、ジョーカーの不在を痛感する。
 気に入った俳優はスケジュールが合う限りどんどん使い続けるクリストファー・ノーラン監督らしく、『インセプション』から参加のみなさんも多数出演。 その中でもあたしのお気に入りは、若きパトロール警官ブレイク(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)です!
 突然現れた凶悪犯ベインに、ぬるま湯につかっててなすすべもない警察上層部に対し、自分の胸の中に秘密を抱えながらかつての地獄を生き抜いてきた故にすぐに動けるゴードン本部長(ゲイリー・オールドマン)に忠誠を誓い、警察官としての本分を全うしようという志の高い若者。 かっこいい!

  ダークナイトライジング0.jpg この二人のやりとりが、場面は少ないのですがほんとに素敵。
 勿論、かつてはゴードンも理想に燃えていたわけで、でも現実を知ってしまったがために妥協しなければならないことも知り・・・でもブレイクにはまだその“妥協”を“弱さ”だと言い切る無謀な強さがある。 で、その無茶な強引さがブルース・ウェインをも動かすわけですが・・・あたしとしてはうれしいけど、ブレイクくん目立ちすぎじゃない? 出番多すぎない?、ということで見ていて何か気づいてしまうことがあります・・・でもそれは、最後のお楽しみに。
 それにしても、スケアクロウ(キリアン・マーフィー)のさりげない登場にはうけました。 何故しれっとした顔でそこでいる!、みたいな。 リーアム・ニーソンも出てくるけど、個人的にキリアン・マーフィーがいちばんインパクトあったなぁ。 モーガン・フリーマンもかつてない出番の多さで、おじさま俳優大好き派としてはにやにやが抑えられなかったり。 いい役者がいっぱいって、それだけでうれしい!!
 『ダークナイト』が<正義と悪>について対立させるものならば、今作の対立軸は<権力と市民>でしょうか・・・ここはちょっとわかりにくいというか、今の日本から見てそれってやばくないですか?、なところが多々あったので冷静に見られませんでした・・・もしほんとに日本へのメッセージなのだとしたら「ほんとうにすみません」になってしまいますが、ここを語るとネタバレに踏み込みそうなのでやめておきます。

  ダークナイトライジング4.jpg アン・ハサウェイはここでも美しいよ♪
 アメコミには明るくないので、多分彼女は<キャットウーマン>なんでしょうね(以前のバットマン映画からのおぼろげな記憶)。 世界は持てる者と持たざる者に完全にわけられてしまっているけれど、持てる者はいつまでその安寧に浸っていられるかしら・・・と謎の問いかけをしていく彼女。 しかし、ベインの「市民がすべての権利を持つ!」の大騒動のあとでは何が起こるかわからない世の中(それこそ自己責任論に終始)よりも、格差はあったって安心して外を歩ける方がいいじゃない?、と思ってしまうあたしは平和ボケ日本人でした。
 実はこの映画、163分もあったという・・・でもあまり長さは感じなかったけど(いろいろ考えさせられたし)、映画の完成度としては『ダークナイト』を超えられなかったかな、と。 それは仕方がないのかもしれないし、逆に越えたら越えたでこのあとの映画づくりが大変だよ、ということでこれでいいのかもしれない。 勿論、面白くないとか駄作だとかいうことではないし、『ダークナイト』がすごすぎましたね、ということで。 それでも、ジョーカー抜きで物語をきっちりまとめた手腕はさすがだ、と思います。
 その後・・・のシークエンス、またアルフレッドのために用意されたようでちょっと泣けてきた。 もしかしたらそれは現実ではなく、アルフレッドが見た幻なのかもしれなくて。 そんな雰囲気も漂わせつつ、でもそれが現実だと信じたい、みたいな(わ、これって『インセプション』と同じ!)。
 一作目からもう一度続けて全部見たくなる、あたしの中では『ロード・オブ・ザ・リング』以来の三部作となりました。

posted by かしこん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする