2012年07月20日

都合のいいときに人権という言葉を使われると、ほんとに使いたいときに迷惑



 <大津いじめ問題>、毎日新しい情報が出てきます。



 「いじめられているキミへ」みたいなメッセージが連日新聞にも載っています。



 それだけ世間の注目事なのだろうし、それだけ隠されていることが多いのであろう。



 以前、あたしは「学校なんかに行かなければいいのに」と言いましたが、実は今回の



事件では被害者には双子の姉がいて、いじめ加害者ら(というか犯罪者だと思うので



ここでは<ギャング団>と明記したいです)の最初のターゲットのその姉の方。 姉を



守るために弟は学校に行き続けなければいかなかった、ということを聞いて・・・(ネット



情報なんでどこまで本当かはわからないですが)、彼が学校に行き続けた理由に納得



しました。 そして、涙が止まりませんでした。



 もう、姉弟二人で学校に行かなきゃよかったのに〜。



 でも、ぎりぎりまで親には知られたくない、という気持ちが働くものですよね・・・。



 しかし一部報道によれば、事件の2週間前に被害者は親も含めて児童相談所のような



ところに相談しに行ったが、いじめとは認定してもらえなかったとか・・・(ていうか、犯罪



ですから)。



 なんでこんなまわりの人間の対応が悪すぎるの!



 涙ながらに被害者が担任にいじめの事実を相談したのに、「そんなんどうでもええわ、



君が我慢すれば全て丸く収まる」と話したという情報もあるし(しかも野田首相がいじめに



対してまわりの大人に助けを求めましょう的発言をした翌日。 タイミング的にもカスです)、



もういいかげん<いじめ>って呼ぶのやめましょうよ!



 これは立派な校内犯罪(場所によっては校外犯罪)です!



 いじめ問題は学校の中で対処する、のではなく、もうどんどん警察呼ぼう。



 警察の業務を圧迫するというのなら、スケバン刑事(学生刑事)制度を導入したら



どうですか。 あたし、結構本気です。 少年法は廃止して、学校犯罪についての刑法を



制定しましょう。 早急に。



 ま、そんなことを言うと「学校は子供たちを守り育てるところだから」みたいなことを



言い出す人たちが必ず出てきますが、他人の権利を侵害するギャング団(その親を



含めて)をしっかり教育できないでいるのにえらそうなこと言ってる場合か!、と腹が



立つのはあたしだけですか?



 そして、「いじめているキミへ」という連載もしてみてはどうですか。



 かつていじめっ子だった子供を追跡調査。 その後、どんな大人になったかを悲惨な



例であればある程優先順位を高く。 「自分をいじめているやつも、何年か経てば



こんな感じなんだ」とわかるのも、いじめられ経験者の立ち直りコメントと同じくらい



いじめ被害者たちを勇気づけると思います。



 それとも、ギャング団たちの過去を暴露することは、人権問題ですか?


posted by かしこん at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする