2012年06月17日

ミッドナイト・イン・パリ/MIDNIGHT IN PARIS

 どうもあたし、ウディ・アレンはいささか苦手なのですが・・・本人が出てないのと、キャスティングが気になるので見ることに。
 オープニングの<パリの一日>みたいな描写がステキ。
 そう、この映画の主役はパリなのだ!

  ミッドナイトインパリポスター.jpg 真夜中のパリに 魔法がかかる

 ハリウッド映画の脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は憧れのパリにいた。
 婚約者の両親の出張に乗じて、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)と一緒に夢の時間を過ごすため。 しかし彼女はパリ嫌いのリアリスト・アメリカ人、彼は一人で行動することが多くなる。
 とにかくこのイネズとその両親がムカつく存在として描かれて、イライラ。 何故かイネズの元カレ?(以前の憧れの人?)とパリで会ったりしちゃって、そいつもまた自分の知識を鼻にかける腹の立つやつで、“黄金時代”(1920年代のパリ)を夢想してしまうギルの逃避思考をちょっと理解。
 脚本家としては売れているんだからこのまま金になる脚本を書き続けてくれればいいと考えるイネズと、実は小説家に転身したいギルとの気持ちが寄り添うわけはなく、「なんでこの二人、婚約してるの?」と不思議で仕方ない。

  ミッドナイトインパリ7.jpg そしたらいきなり1920年代にタイムスリップ。
 タイムスリップの特別な仕組みがあるわけでなく、なんとなく気がついたら過去、みたいな。 このいい加減さがいいですね〜。
 カフェでの真夜中のパーティー、フィッツジェラルド夫妻・ヘミングウェイと次々憧れの有名人と出会うギル。 夢なのか現実なのかよくわからないままにおもちゃに飛びつくギルが大変微笑ましい。 その勢いで、ピカソの今のモデルであり今の愛人でもあるアドリアナ(マリオン・コティアール)に一目惚れ。

  ミッドナイトインパリ4.jpg 右からガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)とアーネスト・ヘミングウェイ(コリー・ストール)。
 ヘミングウェイがちょっとワイルドでかっこいい!、とニヤニヤ。 フィッツジェラルド夫妻もそうだけど、実際にはどんな人か知らないが作品やエピソードからイメージされる芸術家たちの姿から大きく逸脱しないように描かれているように感じる。 彼らをいちいち掘り下げて描いている時間はないから? それともタイムスリップではなくてギルの夢(極端に言えば妄想)としたいための布石? 話としては結論は出さないですけどね。
 多分、ギルみたいに沢山出てくる有名人たちにキャーキャー言って楽しむのがこの映画の観客として正しい(もしくは求められている)姿なんだろうなぁ。

  ミッドナイトインパリ8.jpg ダリ(エイドリアン・ブロディ)が面白すぎ!
 お手軽で、笑って、楽しめるけれど・・・なんの痛みもない。
 それが悪いんじゃないけれど(そういうのが必要なときもあるけど)、うーん、あたしの求めたいものとはちょっと違うかな〜。
 やっぱり、どうもあたしはウディ・アレンと合わないらしい。

posted by かしこん at 19:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする