2012年03月23日

はじめてのホットヨガ&岩盤浴



 友達の持っているクーポン券につられて、ハーバーランドの温泉に行ってきました。



 お風呂・ホットヨガなどのエクササイズ・岩盤浴が全部セットで3000円!



 しかしあたしはホットヨガは勿論、岩盤浴もしたことがありません・・・。



 ま、昨今の疲れをほぐすためにも、と行ってきました。



 シネカノン神戸が閉館して以来プロメナ神戸にはほとんどご無沙汰ですが・・・なんか



いろいろ変わってました。



 で、お風呂。 ビルの中とは思えぬほど、うまい具合にスペースを使っています。



あたしはあまり温泉に行く方じゃないのでよくわかりませんが、新しいし、宿泊施設も



あるからビジネスホテルに泊まるよりはここに泊まった方がいいかもしれん・・・と考え、



今後実家の人々が神戸に遊びに来たいと言い出したときにはここを推薦しようと思ったり。



 脱衣場が広すぎてお風呂に辿り着くまでどんな格好でいろと?、と悩むポイントは



ありますが、タオル類はふんだんに置いてあるのでよしとしよう(勿論、実際の浴槽の



中にタオルを入れてはいけません)。 最近ずっとシャワーで済ませてばかりだったので、



じっくりお風呂に入るのは気持ちいいなぁ、と日本人であることを実感。 ついつい手足を



伸ばしたくなってしまいます。



 一時間ほどお風呂で過ごし、次にホットヨガ教室に移動(ここは一応定員があるので



当日事前に予約が必要。 ほかにもジャズダンス的な激しい系の運動もあるようだ)。



 その部屋は気温34℃、湿度55%と通常のあたしであれば耐えがたい状況であるが、



お風呂上がりなので気にならない。 で、インストラクターさんの指示に従い身体を



動かしていくわけですが・・・運動はまったくしていないあたし(時間があれば移動に



徒歩を多用するくらい)、そしてバランス感覚は子供の頃から褒められたことのある



あたしですが、明らかに筋力が衰えている・・・。 準備運動をしているうちに身体が



やわらかくなっているのは感じましたが、片手と逆の足を上げ、それ以外で身体を支える



ポーズでは全体的に揺れが・・・うまく身体を支えられない!



 やはり運動不足が極まっているわ!、と現実を突きつけられるが、インストラクターの



方からは「すごくよかったですよ〜」とお褒めの言葉をいただく。 初心者だし、本格的



レッスンではないから“褒めて伸ばそう”精神を感じる。 尚、同じ教室に男性2名も



参加されており、彼らは非常に苦しそうであった・・・関節がぱきぱきいう音が聞こえて



きたし、ご本人さんたちのうめき声も。 ヨガの動きって基本的に女性の筋肉向けなの



かなぁ? がっちり体型の男性は筋肉が邪魔をして、まず“ぺたんと座る”ということも



難しいようであったから。



 そんなこんなでホットヨガで一時間。 気がつけばかなり汗をかいている(いたる



ところにアルカリイオン水の給水所があるので随時休憩をとる)。 それから、岩盤浴へ。



 ここでは岩盤浴の部屋が4種類。 それぞれ効能があるがよくわからないので、まずは



ベーシックであろうというゲルマニウムへ。 部屋に入った瞬間、岩石の匂いと足の裏が



やけどしそうな熱さに見舞われる。 急いでタオルを敷いて横になると・・・やけどしそうな



感じは弱まり、しかし驚くほど急速に大量の汗が出てくる。



 うつぶせに寝ると内臓があったまるからいいですよ、と言われたのでそうしてみると、



確かにおなかのあたりがポカポカしてきて、特に胃腸あたりが動き出す感じが。 おなかが



すいたときみたいにぐるぐると鳴ってはずかしいのだが、動いたことで空気が押し出されて



いる音ですよ、これは。



 ここで15〜20分ほどいて、クーリングルームへ移動して汗を引かせて水分補給。



その後、「いちばん暑い」というローズクオーツっぽい石が敷き詰められた部屋で10分、



女性専用ルーム(ここは温度的にも程よい感じ)で20分ほど? 計3セットの岩盤浴、



堪能しました。



 岩盤浴用の作務衣の色が変わるほど汗をかいたので、もう一度お風呂に。 馬油の



シャンプー・リンスはどこまですすいだらいいかわからないくらいぬめり感が残って



困りましたが、仕上がりはなかなかいい感じです。



 しかし堪能しすぎて、どうも湯あたり・・・。



 下のスタバで飲み物を買って水ももらってしばし休憩。 元気になりました!



 なんだか今夜はぐっすり眠れそう・・・帰宅後、海外ドラマを見ながら、気がついたら



寝ていた・・・。


posted by かしこん at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする