2012年02月09日

封じられた街/沢村鐡

 最近、いろんな理由で評判ががっくり下がったポプラ社ですが、ポプラ文庫ピュアフルシリーズは結構いい本を出してるのでがんばってほしいかなぁ、と思ってます(仁木悦子の続巻復刻を待ってます)。
 そこで出会ったまったくの初対面、沢村鐡氏の『封じられた街』。 表紙の佇まいが気に入って、以前衝動買いしました。

  封じられた街1.jpg封じられた街2.jpg やっと読む・・・。

 東京近郊の新興住宅地である中西市で奇妙な事件が続発する。 たまたま友人とともにある事件に巻き込まれてしまった小学6年生の史恵さんは、これがただの事件ではないこと・その背後に“何者か”がいることに気づくが、どうしていいかわからないうちに別な事件が起こり、また別の子供が巻き込まれる。 何者かがこの街から人を追い出そうとしているようだ・・・それは一体何故?、という話。
 なんとも魅力的な日本製ダーク・ファンタジー。
 冒頭からおとなびたというかしっかり者の少女の一人称で始まるのでなんだかちょっとわくわく・にやりとしてしまう。 自分が子供であるという限界を知りながら自分の意志で考えて行動する、自分の言葉を持った少女っていいよなぁ。
 途中から別の二人の少年が登場して語り手が交代してしまうので史恵さんのインパクトは物語が進むにつれて薄まってしまうのが(主要人物として登場し続けますが)、ちょっともの足りず。 彼女が中学生や高校生になってからの物語も読みたいなぁ!、と思ってしまいました。
 不満といえば、作中でずっと子供を“子ども”と表記してることですが・・・この問題、はっきりすることはできないんですかね。 進化は多様化、ではあるけれど、どうも“子ども”表記を進めたい人たちの思惑が気持ち悪くて拒絶反応が。 作者は別に意識して使っていないのかもわかりませんが。
 にやりとするのは史恵さんの存在だけでなく、章の前に掲げられたエピグラフ。
 レイ・ブラッドベリにピーター・ストラウヴ、ダン・シモンズにジョナサン・キャロル、ロバート・R・マキャモンです!
 しかもマキャモンは『ミステリー・ウォーク』からの引用で、『スワン・ソング』でも『少年時代』からでもなく(どっちもあたしは好きな作品だし、『少年時代』に至っては自分のオールタイムベストテンに入れたい作品ですが)、あえて『ミステリー・ウォーク』ってところが非常にツボにはまりました。
 ダン・シモンズなんか『サマー・オブ・ナイト』ですよ、王道。
 それが作者の目指している“ダーク・ファンタジー”だという気がして。
 ただ性善説で終わってる点が微妙だな・・・と、これがティーン向けの作品であることをすっかり忘れてスレた読者の感想を抱いてしまい。 そう、子供向けにしておくのはもったいない作品です。 エピグラフは海外作品ばかりだけれど内容は非常に日本的、しかもとても現代的で土着度低め。 親の子供へのかかわりや執着度の薄さも含め、“いま”的です(それとも、子供をしっかり描くと大人の影が薄くなるのであろうか)。
 上下巻で合計630ページ越えですが、読み始めたら結構なハイペースで読んでしまいました。 他の作品も、気になります。

posted by かしこん at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする