2012年02月08日

ひどい・・・



 え、『相棒ten』でミッチー降板なんですか・・・。



 いい感じに馴染んできたところだったのに、また変えられるのか・・・。



 まぁ、半年放送のドラマのレギュラーとなれば拘束時間も長いし、音楽活動も



しなければならないミッチーとしてはできて3・4年です、ということだったのかもしれない



し、最初からそういう事情は織り込み済みで契約したのかもなぁ。 そんな事情は納得



できますが、寂しい。 右京さんと神戸くん、たまに米沢さんも絡んで犯人と思われる



人物を相手に殺害方法について語り合うあれは、ある種の陰険漫才のようになっていて



大変面白いのに。



 でも、ネット上で根拠のない噂がはびこってて、不愉快な気持ちにさせられる。



 「水谷豊に嫌われたら、降板」って、そんな暴君な人だったら誰もまわりに群がったり



しないでしょう。 スタッフも長きにわたって同じ俳優を使わないでしょう。 あたしは



普通に“面白いドラマ”を見たいだけなのだから余計な偏見を植え付けるようなコメントを



書き散らすのはやめてもらいたい。 そして、まだ放送中なんだから発表は放送終了後



まで待ってくれないのか、ジェネラルプロデューサーよ・・・。





 千石先生がお亡くなりになったそうで・・・びっくりです。



 専門は動物行動学ということですが、実際は爬虫類ですよね。



 イグアナやトカゲ類は好きなんですが、ヘビは少々苦手なあたし(多分足がないから



動きが予測できないためでしょう)、千石先生のヘビ愛を知りヘビについて再評価する



ことに。 でも自分で飼いたいとか首に巻きつけたいとかは思わないですが。



 「自然の掟の前には人間の感傷など入る隙間もない」という冷徹な事実をはっきり



示してくれたのは千石先生ではないだろうか。



 けれど、この感覚の行きすぎが、「渡り鳥に餌を与えるな」などとという昨今の流れに



つながっているのだとしたら・・・なんだかつらい。



 でもこのグチを千石先生に言うのは間違ってる。 自分たちでなんとかしなければ。





 海底トンネル事故って・・・外国かと思ったら日本だったとは!



 なんか10年前の地質調査の結果をそのまま使ってたという話があるようですが・・・



3.11後に変動はなかったかとか普通調べないか?



 以前あたしは現場仕事に行く人々をサポートする仕事をしてたことあるけど、彼らは



些細な現場であっても下調べは欠かさず装備は万全で、そして現場のすべてを知る



男がリーダーだというプロ集団だった。 天候が変わればすぐ作業は中断、悪天候で



動けない日数を見込んで日程を組むから納期に追われ過ぎることもない。 腕が確か



だからいろんなところから声がかかった。 今回の事故に巻き込まれたのも、そんな



確かな腕を持っている人たちだろうと感じるが故に、起こるはずのない事故が起こった



ような印象。 となると原因は、現場のプロではどうにもできないことにあったのでは



ないか、と思わざるを得ない。 行方不明のみなさまの、一刻も早い発見を祈ります。


posted by かしこん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする