2012年01月07日

意外な発見



 パソコンに向かっているときは、たいていソニックステージ(ウォークマン用の音楽



管理ソフト・多分今はもう別のものになっている)を立ち上げて、シャッフルにして



音楽を聴いている。



 なんだかんだで結構な曲数が入っているので、時折「おっ!」っと思うほど懐かしさを



感じたり、逆にアルバム買ってすぐのときは感じなかったなにかを再発見したりする。



そうすると今度はその曲が入っているアルバムをリピートして聴いてみて・・・あらためて



いいなぁ、と思ったり。



 最近のリピートはこちら。



   BATTLE STUDIES/JOHN MAYER



 ジョン・メイヤーはもともとキライではないんですが・・・なんというか、アメリカでの



評価が高すぎるのがなんか気に障るというか(U2もそうだけどグラミー賞獲りすぎ)、



やつあたり・あたしの性根がひねくれているせいだというのはわかっているのですが、



どうも素直に「いい」と言えなくて・・・。



 でも不意に予備知識なく流れてきたら、「お、いいな!」と思ってしまうわけですよ。



特にこのアルバムはアコースティックかつ非常にオーソドックスで、シンプルでよい



のです。 その分、楽曲のよさで勝負しないといけないし。 





   UNSTOPPABLE/RASCAL FLATTS



 全然知らなかったのですが、ラスカル・フラッツはカントリーのバンドらしい。



 あたしはたまたま“Here Comes Goodbye”という曲を耳にして、その壮大なる



バラードにノックアウトされたのでアルバムを購入しましたが・・・これまたカントリー



だとわかっていなかったためタワレコで大混乱。 最終手段をとり、店員さんに探して



もらいました。 最初っからそうしようと実感した瞬間(それ以後は困ったらすぐに



店員さんに助けを求めます)。



 というわけで“Here Comes Goodbye”以外をあまり聴き込んでなかったの



ですが・・・なんか、「普通にロックでいいんじゃないの?」と感じるのですよね。



そこがカントリーの懐の深さなのかもしれないけれど。



 まぁ、日本でも演歌と歌謡曲の違いって微妙なところもあるし、多分そういうこと



なんでしょう。 しかし日本ではあまり知られていないこのバンド、以前『CSI:科学



捜査班』に本人役でゲスト出演していた・・・アメリカでは相当な人気と見た(グラミーも



獲ってますしね)。





 洋楽の方たちは定期的にアルバムを出すわけではないのでチェックをおろそかに



すると「もう出てるのか!」ということがよくある・・・そろそろチェックした方がいいような



気がしてきました。 ネットで調べて、タワレコ行こう!


posted by かしこん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする