2011年11月28日

恋の罪/Guilty Of Romance



 園子温監督最新作。 『冷たい熱帯魚』ばりの後味の悪さをお約束いたします、と



いうチラシ&ポスターイメージに、いそいそと出かけてしまった。 オープニングで、



バブル時期に起こった渋谷ラブホテル街殺人事件がモチーフだと示される。 え、



こんな猟奇事件あったっけ?、と頭を抱えるけれど、後半で「もしかして、いわゆる



『東電OL』?」と気づくことになる。 まだ裁判中だよなー、しかも冤罪疑い濃いという



話が出てるのに、よく題材にしたなぁ・・・(事件の流れは実際のとほとんど同じの



『冷たい熱帯魚』に比べて、被害者の要素を一部借りてきただけであとはオリジナル



ストーリーのこちら側は“同じく実在の事件を題材”にしながらもその意味合いは



まったく異なっている)。 というわけで、若干引き気味で見てしまいました。



 『冷たい熱帯魚』が男たちの欲望と愚かさが招いたものならば、こちらは女たちの



欲望と愚かさが描かれているから、ということもあるかもしれません。



   はじまりは、降りしきる雨の夜・・・。



 渋谷のラブホテル街の隙間にぽつんと建つ古いアパートから装飾されたバラバラ



死体が発見される。 捜査に当たる刑事の和子(水野美紀)と、小説家の妻いずみ



(神楽坂恵)・大学の助教授で日本語を研究している美津子(冨樫真)の出会いと



かかわりを時間軸をずらして描く。



 R−18ですし、みなさんバンバン脱いでくださるのですがそうすればするほどエロさ



からは遠ざかるというか・・・キャットファイトというか格闘技みたいに思えてくるすごさ。



『冷たい熱帯魚』のときはいまいちかと思えた神楽坂恵さんは何かを突き抜けてしまった



ような演じっぷりで、「わ、この人なんかすごい」と思っちゃいました(そのあと園子温



監督と結婚したと聞いて笑ってしまったけど)。



 というかこの映画自体、結構笑えるシーンがあって。 実はコメディなのか?



 ソーセージがどんどんサイズアップしていくところとか鏡の前とかも笑うところですが、



いずみの泣きながらの心からの叫び「夫がピュアすぎて、ついていけないんです!」には



ついつい笑いが・・・(いや、夫は“ピュア”じゃなくてただのヘンタイだから!、と心の中で



つっこまずにはいられない)。 冒頭の惨殺死体を執拗に描いておきながらそれですか、



と、そっち方面を期待したあたしは少々肩すかし。



   しかしその分、この二人の存在感が半端じゃなくて。



 しかし美津子さんは美人で、それ故に母親(大方斐紗子)との会話がより狂気に満ちて



いてぞくぞくさせられる(ここがいちばんいいシーンかもしれない)。 そして美津子さんの



啖呵「愛がないなら、金をとりな!」が鋭いテーマに思えてきたりする。 “ことばと肉体”の



対比はありふれた題材かもしれませんが、美津子さんの研究テーマとして提示される



のが田村隆一の『帰途』。



   言葉なんかおぼえるんじゃなかった

   言葉のない世界

   意味が意味にならない世界に生きてたら

   どんなによかったか



   あなたが美しい言葉に復讐されても

   そいつは ぼくとは無関係だ

   きみが静かな意味に血を流したところで

   そいつも無関係だ



   あなたのやさしい眼のなかにある涙

   きみの沈黙の舌からおちてくる痛苦

   ぼくたちの世界にもし言葉がなかったら

   ぼくはただそれを眺めて立ち去るだろう



   あなたの涙に 果実の核ほどの意味があるのか

   きみの一滴の血に この世界の夕暮れの

   ふるえるような夕焼けのひびきがあるか



   言葉なんか覚えるんじゃなかった

   日本語とほんのすこしの外国語をおぼえたおかげで

   ぼくはあなたの涙のなかに立ちどまる

   ぼくはきみの血のなかにたったひとりで帰ってくる



 あたしにとって田村隆一は詩人である前にアガサ・クリスティ作品の翻訳者だったり、



ダンディを語るジジイであったりしたんだけど、若い時期の作品には(谷川俊太郎同様)



普遍が宿っているよなぁ、としみじみ。 いや、しみじみしてる場合ではないのだが、



この詩が美津子さんそのものであるとも考えられて、それがなんであんなことになって



しまうのかと・・・。



   クールビューティだけど。



 そういうわけで刑事である和子さんの存在感はいまいち薄いのですよね(水野美紀も



オールヌードになってみたりいろいろチャレンジされているのですが)。 彼女自身も



自分の中に問題を抱えた女性という設定なのだけれど、それがいずみ&美津子の苦悩に



リンクしきれてないというか(しかし“女性”をこの三人のパターンに分類するとなると



あまりに偏り過ぎだし)。 寓話的なラストのためには彼女の存在が必要なんだけれど、



殺人事件の解決はその分なおざりになってしまったというか、どうでもよくなってしまった



感がある・・・まぁミステリじゃないのでそこはいたしかたない。



 爽快感はなかったな・・・次作『ヒミズ』に期待します。


posted by かしこん at 03:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする