2011年11月25日

完全版はずるい・・・



 もともと、『誰も寝てはならぬ』の16巻だけを買うつもりだったのである。



   『誰も寝てはならぬ』16巻/サラ・イネス



 古き良き関西のノリでゆるゆるの生活・人生・仕事の話。 関西在住の目から見ると



「いいなぁ、そういう仕事&生活・・・」と思ってしまうが現実は厳しい。 そしてゆるゆるの



日常が続いていくのかと思いきや、ここにきて大事件発生!(しかし大事件といっても



レベルはそんなに大きくないのだが・・・)



 これも程よいマンネリがいい空気感なのだが、この先、動きが待っているのかな〜。



 で、これをひきぬいた棚で発見したもの。



   『プロチチ』1巻/逢坂みえこ



 妻が産休を終え、無職の夫が子育て&家事をすることになる。 赤子を前にして思い



悩む夫は、ふとしたことから自分がアスペルガーと同じ症状に当てはまることに気づくが、



子育てのよろこびに次第に目覚めていって・・・という話。



 『たまちゃんハウス』では活かしきれていなかったように感じた逢坂節が完全復活!



 「仕事をして社会にかかわっていないと役立たずと感じてしまう」という感覚に思わず



涙・・・(しかしアスペルガーの人は共感してもらい泣きなんてことはあまりないことなん



だろうけど)。 『育児なし日記vs.育児され日記』に出ていたネタも出てきますが、



まったく違う物語になっているところがさすがです。



 「A:愛があっても世話をしない、B:愛はないけど世話をする、だったら、Bのほうが



ベターでしょう、特に乳幼児期の場合では」という台詞が、ずどんと重い。



 先が楽しみなマンガ、登場!



 しかし、いちばんびっくりしたのがこちら。



   『日出処の天子』完全版1巻/山岸涼子



 連載当時のカラー口絵やカットなどすべて収録の完全版!、と謳われてしまったら



そりゃー買うしかないでしょう。 それでなくともあたしは、『日出処の天子』をNHKの



大河ドラマでやってほしいと思っているくらいなのだ。



 以前に何度も読んでいるのに、あらためて読むとまた衝撃的。 名作はいつ読んでも



名作・・・ということか。



 全7巻完結に向けて、来年4月末まで順次刊行予定。 でも一冊1500円なのよね・・・



大人の財布が狙われているわ。


posted by かしこん at 04:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする