2011年11月19日

ある駅の階段にて



 駅の階段を上っていたところ、ちょっと立ちくらみがしてよろつき、がっくりと片方の



ひざをついてしまった。 いやー、これが下りの階段だったら、と思うと冷や汗だが。



 そのときは一瞬記憶が飛びがち(というか、思考がゆっくり?)なので瞬時に対応が



できないため、地面(床?)に手をついてしまったのだが・・・反対側から階段を下って



くる二人のおばあさま方に「ちょっとあなた、大丈夫!」とえらく大きな声をかけてもらった。



 「だ、大丈夫です」



 「そう、ならよかった。 私もよくやるのよねー、足を上げてるつもりなんだけど思った



よりも上がってなくて」



 後半の言葉はあたしにではなくお連れの女性に向けられたもので、すっかりあたしは



お二人の話題のきっかけになってしまっていたのだった。



 「階段はあぶないわよね〜」、的な。 ま、それはいいんだけどさ。



 いや、あたしは貧血で立ちくらみしたのであって、ただ段差でつまずいたわけじゃ



ないんですけど!



 しかしそれを言ってもなんだかむなしい。



 というわけで昨日は早くに寝てしまいました。


posted by かしこん at 14:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする