2011年11月12日

頭痛、そして別な意味で頭痛

 昨日(金曜日)はやたらと頭が痛かった。
 睡眠不足が極まったか・・・と思ったが、それはいつものことなのでそれだけが原因ではない・・・自宅に持ち帰って仕事してたし、疲労か? ついでに木曜から天候が崩れ出してきてたから、気圧変化による偏頭痛かも、と。
 そうわかったとて頭の痛みが消えるわけじゃないんだが・・・。
 仕事場では「なんか午後2時から、巨人の球団社長が緊急会見するらしいですよ」と盛り上がっている人がいて、何故かニコ動で生中継を一緒に見てしまう。

   あたし 「プロ野球の監督官庁って文科省なんですか?」
   その人 「いや、違うような気もしますが・・・」
   あたし 「・・・なんか“コンプライアンス違反”の基準が違うような気がするのは私だけですか?」
   その人 「うーん、立ち向かう権力がそれだけ巨大だってことなんですかねぇ」

 あたしはプロ野球に興味がないのでその人物がどれだけの影響力を(野球界だけでなく財界や政界などにも)持っているかはさっぱりわからないのだが(しかし過去に民主党と自民党の連立政権樹立に口を挟もうとしてたあたり、なんとも自己評価の高い人だなぁとは感じたが)、プロ野球のことをそこそこ知ってるようなその人がそう言うのだから名指しされた人物が“絶大な権力”に胡坐をかいていらっしゃるのは確かなようだ。
 「こりゃ、今夜の『ニュースゼロ』がどう伝えるのか見ものですねぇ」、と笑ってその場は終わったのだが・・・その後も頭痛は続き、家に帰ってきてからもそっちに気をとられ、見るのを忘れていた・・・。
 これは、ちょっと寝ないとやばいかも、とパソコン開いてニュースサイトのヘッドラインを読もうとしてるのに読めない、という状態になってから気づく(遅い)。 2・3時間ぐらい寝るつもりでステレオをかけたまま(マイケル・ブーブレのセカンドアルバムをリピート設定)少し横になる。 そしたら・・・(途中、何度も目覚めているのだが)、身体が起き上がれない・・・。
 どんだけつかれてた、あたし!
 いやー、びっくり。 土曜日は見に行けてない映画を一気にはしごして見に行くつもりだったのだが・・・全然予定通りに動けないではないか。
 しかしおかげで頭痛は治まり、熱を測ったが36.3℃とめずらしくも5℃台ではない(というかそれが普通なんだが・・・低体温なのがあたしのよろしくないところ)。
 これなら明日は出かけられるかなぁ。
 と、ブログを更新するためパソコンを立ち上げ(昨夜、というか夜中に更新できなくてすみません)、読みかけだったニュースのヘッドラインを読んで・・・かたまる。
 あーあ、TPP参加表明しちゃったのか・・・あたしも内容はよくわからないんですが、ISD条項(TPPで定めたものが国内法に優越する)がある時点で「こっちの都合が通用しない・とりあえずやばい気がする」と思っていたので、でも賛成派のほうが多いみたいだから決まってしまうんだろうなぁ、とは思ってはいた。 しかし、首相の演説内容を読み、彼がISD条項のことを知らないままで(他にも知らないことはあった模様)参加表明していることがわかる。
 そ、それで首相と名乗る気か! 愚か者め!
 即刻国会に不信任決議案を提出しろ! そうすればとりあえずは勝手に外国に行って余計なことは言えないだろ! と、政治に素人の一国民ですらも思いつくようなことをしてくれない野党・・・何処の何に期待すればいいというのか、わからん。
 また頭が痛くなってきた・・・これは、寝ただけでは治らない。

posted by かしこん at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする