2011年07月03日

ロシアン・ルーレット/13



 予告見たときに「この映画、見たことある!」と声が出そうになった。 新作映画



なのに、何故? しかしすぐに理由がわかる、ほとんど同じカットがあったから。

 

 「これ、『13/ザメッティ』だ!」



 ハリウッドリメイクの話が出ていたことは知っていたが、実現したんだね・・・



(何年かかったんだろう?)。 しかもなんと、オリジナルと同じ監督である! 



リメイクはたいてい別の監督に撮られちゃうのに(だから時間かかったのかな)、



珍しい。 だから、見てみようと思った。



   勝率1%。 運がなければ、即、死亡。



 まずはオハイオ州と出るのだが、ざらついた感触を残す画面はそこがアメリカでは



なくヨーロッパっぽく映るのです(オリジナルはグルジア)。 グランドセントラル駅も



『CSI:NY』に出てきた同じ場所とは思えないほど影があり、現代ではあるんだけど



年代も微妙にわからない。 そういう雰囲気、好きです。



 父親が入院したことで家を抵当に入れなければならないところまで貧乏が迫って



きている青年ヴィンス(サム・ライリー)は、電気配線工事で訪れた家で、主人が



“なんだか裏がありそうだが、わりのいい儲け話”をしているのを聞いてしまう。



 その後、不慮の出来事により死んでしまった主人の書斎から『招待状』を持ち



出したヴィンスは、代わりに“儲け話”に参加することにしたが、それは恐ろしい



ゲームの始まりだった・・・という話。



   何も知らず、何があってもいいようにと

       面接用の服を着て準備するヴィンス。 不憫だ・・・。



 基本的な物語はオリジナルとほとんど変わらない。



 違いは、ジェイソン・ステイサムやミッキー・ロークといったスターが出てくることと、



ゲームの参加人数が増えている、ということだろうか。 あと、オリジナルよりわかり



やすさが重視された感じもする(画面がモノクロからカラーになったせいもあるけど、



底知れない恐怖や理不尽さといったもの・理解不能な要素が減った)。



 そもそも、『ロシアン・ルーレット』という邦題自体が結構ネタバレだよな・・・



ヴィンスが何もわからないままに会場まで連れてこられるスリリングさも、結構



いい見せどころなのに(このあたりも丁寧に描いているため、先を知らなければ



かなり見る側も不安になるのに)。 けれどそれがどこの国でもないような奇妙な



リアリティを生んでいるのですけどね。



   電球に蜘蛛のマーク、あったかなぁ?

      コイツ、イカレてるぜ・・・と思った胴元(?、進行役?)、よく見たら

      マイケル・シャノンだ・・・『ランナウェイズ』の人でなしプロデューサー。

      イカレた役、似合う人だなぁ。



 実際に専門の方に計算してもらい、ほんとに「勝率1%」らしいです。



 ロシアンルーレットにおいて、6連発のリボルバーで弾丸を2つ入れる場合、隣り



合わせて弾を込めるのとひとつ開けて、ふたつ開けてこめる場合は厳密には確率は



変わるのだろうか。 中学校・高校範囲の『確率・統計』では6分の2=3分の1に



なっちゃうけど、回転させるときの力のかかり具合とか弾装のバランスとか複雑系っ



ぽい要素も絡んできそうなんですが・・・ということがやたら気になったり。



 が、顔の売れたハリウッドスターを起用してしまったため、ミッキー・ロークの役は



ツッコミが足りないし、ジェイソン・ステイサムに至ってはただの人でなしである。



   服装は高価そうだが、ほんとにひどい人だった。



 となると背景が知りたくなっちゃいますよね・・・比較的無名の人で撮ったほうが



よかったのでは?(つまりオリジナルでよかったということに・・・でもそれでは投資して



もらえなかったのでしょうね。 ハリウッドもまた、無情)



 うーん、オリジナルを見てなかったらもう少し高得点になっていたかも。



 それにしても、サム・ライリーは顔色の悪い役が似合う・・・。


posted by かしこん at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする