2011年06月25日

アジャストメント/THE ADJUSTMENT BUREAU



 フィリップ・K・ディック作品の映画化といえば、傑作かダメダメかどっちかな



気がする・・・そしてその勝率はスティーヴン・キング作品にも近いかも。



 だからきっとダメなほうだろうなぁ、と思って見た(この態度が我ながらいかんの



だと思う)。



 下院議員のデヴィッド・ノリス(マット・デイモン)は上院に立候補し、その好感度で



当選をほぼ確実なものにしていたのだが、うっかりな恥さらしによって落選する。



 傷心の彼は偶然出会ったエキセントリックな美女エリース(エミリー・ブラント)に



はげまされ、意外性に満ちた落選演説を行ったことでまた好感度アップにつながる。



   運命の出会いは男子トイレで。



 またエリースに会いたいと願うデヴィッドに、再びの偶然が。 しかしそれは本来



「あってはならない再会」で、緊急事態の修正のため『運命調整局』の局員たちが



介入する。



   ネタばらしのあげく「彼女にはもう

    会うな」と言われるが・・・、デヴィッドはそんなことはお構いなし、エリースに

    再会するために猪突猛進を繰り返すのだった。



 そう、「ただの偶然」・「たまたまの出来事」と誰もが思っていたことは、すべて



ひとりひとりの“運命地図”により、運命調整局に厳重に管理されているのだった



・・・って、これ、本来大オチのネタなんじゃないの? 序盤でばらしちゃって



大丈夫?、と別の意味でハラハラする。



 そんなわけで“上の人”の指示により人間を正しい方向へ導くために努力する



ダークグレー系地味スーツのみなさんが、だんだんいじましくなってくる不思議



(エンドロールには地味系スーツブランド名が並んでいて爆笑)。



   調整局のみなさん(手前がハリー)。



 SFスリラー系かと思いきや、実はラブストーリーという「看板に偽りあり」な宣伝は



よろしくないのでは? でも“純愛”で売るにはエリースはいわゆるツンデレキャラと



いうか、わりと毒舌の皮肉屋なのでちょっと無理(それでも彼女を忘れられないという



デヴィッドはMの人か?)。 とかいろいろなことを考えてしまいますな。



 なんでも“どこでもドア”と化す映像のたたみかける感じとか、ダークグレーの



スーツの人たちが沢山いる(MIBならぬMIG?)どこかマグリットを思い出させる



シュールな光景とか、好きな部分もあるんですけど・・・それが全体の評価に繋がらない



のが残念。 というか困ったちゃんなデヴィッドにほだされちゃう親切すぎる調整局の



ハリー(アンソニー・マッキー)とか、“上の人”とかのせいで他の調整局の人たちが



とにかく不憫・・・(あんなに苦労させといてこれかよ、的な)。



   せっかくテレンス・スタンプ出てるのに!

      あたしは『私家版』の彼が大好きなのですが、最近の出演作は微妙な役が

      多い・・・もっと彼のよさを活かしてほしい!



 あーあ、リチャードソン(ジョン・スラッティー)やトンプソン(テレンス・スタンプ)は



働き損かい! 努力が報われない人って、いるもんですよね。



 と、すっかりMIGのみなさまに同情。



 ただ、なかなかエリースに会えないことにキレたデヴィッドが「君には感情がない



のか!」と叫ばれたハリー、「あるが、流されないだけだ」とシンプルに答えたところは



かっこよかった。



 “上の人”=“神”とか考えずに楽しむのが日本人としては気楽な方法だと思う。



 それにしても、アメリカではマット・デイモンタイプが好ましい“若き政治家像”なん



ですかね・・・そっちの方が興味深いかもな〜。


posted by かしこん at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業務連絡!



 えー、本日一般発売だった今年のシティボーイズライヴ。



 無事、梅田芸術劇場の先行予約で大阪公演楽日夜公演をゲット!



 (もう、このために年会費を払っているといっても過言ではないよ・・・)



 真ん中からややきたろうさん側の、4列目でございました。 こんないい席、久し振り!



   『動かない蟻』



 今回から新しい演出家ということで・・・ポスターイメージもよりシュールになりました。



一瞬、蟻というより蜘蛛に見えたよ・・・(特に足首にいるやつ)。



 昨年は大阪公演を飛ばされたので、今年は大阪優先の日程になっている気がする



・・・逆に、東京公演派の人は大変じゃないだろうか(会場も世田谷パブリックシアターに



なってるし)、と地方から東京に見に行く人のことを考えると少々心苦しいのでありますが。



 それにしても、今年は9月か・・・また季節感がずれていく。







 “ピーター・フォーク氏、死去”のニュースが携帯電話の帯ニュースで流れて、



「ついにこの日が来たか・・・」と落ち込む。 アルツハイマーだとかいう話が何年か



前から出てたし、ずっと新作見てなかったから「いつかは・・・」と覚悟はしていたんだ



けれど。 でも、事実としてはっきり目の前に突きつけられるのとはまた別の話。



 『刑事コロンボ』が大好きだった! マイベストワンは『祝砲の挽歌』です。



 でも、演じるピーター・フォークも好きだったんだよなぁ。 彼がいたから、当時



地元ではまったくなかった“ミニシアター系映画”の『ベルリン・天使の詩』の特別限定



上映会(夜1回・1週間のみ)に出かけたのだ〜。 N子さん、覚えてるよね!



 今はなき東映の映画館でした。 東京でロングランの記録つくって、いいだけ話題に



なってからの公開だったんだけれど、地元ではそれくらいにならないと客が入らないと



いう判断だったんだろう(実際、そこそこお客の入りはよかった印象が)。



 でも、これがあたしの“ミニシアター系映画”の原体験で、それが今につながってる



んだなぁと思うと・・・



 当時はレンタルビデオ全盛期でもあり、彼を見たさに『グレート・レース』、『あきれた



あきれた大作戦』、『ブリンクス』、『名探偵登場』といった昔の映画を手にしたんだよなぁ。



多分そういうきっかけがなければ見ることのなかった映画であり、でも見たことによって



往年の大スターだったり、その後再評価される役者の若き日を記憶にとどめることが



できたわけで。 ある意味、映画というものの世界を広げてくれた恩人、かもしれず。



 かつて石黒賢主演の『人間の証明』のドラマを録画したビデオテープは実家に保管



してあるよ!(当時、「製作費の何割がピーター・フォークのギャラ」などと陰口?を



叩かれていたがそんなこと知るか)



 地デジ対応にしての再放送をフジテレビに望む。



 『刑事コロンボ』が今でもCS放送で人気コンテンツであるように、ピーター・フォークの



“名優ぶり”もまた永遠である。



 R.I.P.



 なれど、だから彼は生き続けるのだ、スクリーンの中で。


posted by かしこん at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | シティーボーイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする