2011年06月04日

海幸すし@神戸そごう



 しばらく前に、そごう神戸店の地下の工事中の一角に「新規オープン」の



お知らせがあって、その存在を知った。 北陸のお寿司屋さんらしい。



 結構狭いスペースなんだが・・・カウンターにするのかな?、とか勝手に思って



いましたら、いつの間にか開店していて、普通にテーブル席だったのでびっくり。



こりゃ“相席がデフォルト”ですな。 まぁ、鮨屋に長居するのは粋じゃないから、



ぱっと食べてぱっと帰る、が正しいけど。



   メニューは貫数違いのセットと、ちらし、うな丼のみ。

    多分内容がその日の仕入れによって変わるものと思われます。



 ランチメニューとかではなく、一日中同じメニューとお値段、というのがわかり



やすくていいかも。 しかし、まだ開店して間もないためか、いまいちお店の方が



慣れてない感じ・・・まぁそのうちスピードアップするでしょう。



 ちょうど通りかかったときに「数人待ち」という感じだったので、じゃあわりとすぐ



かな、と思って並んでみました。 が、すぐ食べて帰る人もいる中で食べ終わっても



お喋りを続けて延々と席を立たない人もいる! なので予想よりも待つことになり、



あたしの前に順番待ちをしていた西区在住のおばあさま的な方と仲良く喋ってしまった。



そしてお店の人に連れと間違えられたのであった。



   8貫セット<彩り> かぶす汁付き

        普段¥840−のところオープン価格¥630−



 あたしはワサビが苦手なので「サビ抜き」で注文します。 魚が新鮮なら本来



ワサビはいらん!のです。



 まずはエビの頭や魚のアラで出汁をとっているというお味噌汁、いただきます。



 ちょっとしょっぱいかな、と思ったけどこれがおいしい! アラとはいえ結構身が



ついているので、それも食べ応えあり。 で、おすしのほうはシャリが小振りなので



食べやすく、ぺろりといけちゃいました。 写真で切れてますが、赤いのがのってる



のは白魚で、その隣から時計まわりに甘エビ・太刀魚・マグロ・イカ・アナゴ・



サーモン炙り・たまご、でございます。



 本格江戸前寿司ではないけれど、回転寿司のいいところもとったローカルな



味わいのお店、って感じ? 劇的においしいわけではないけれど、魚介にうるさい



東北人の基準はクリアしています。



 同じメニューを持ち帰りパック販売もしてますが、お値段同じだから・・・お味噌汁



つく分、どうせならイートインしたい感じかな。



 ちなみに西区の方とは結局順番が同じなので同じテーブルに付き、楽しくご一緒



させていただきました。 同じくそごう地下には神戸牛を扱う『大井肉店』のイートインも



あるのだが「この歳だと、お肉はちょっとね〜、という日もあるのよ。 ここ、量も



ちょうどいいし、三宮に出てくる楽しみが増えたわ〜」、とよろこんでおられた。



 なんか、全然知らない人とそんな風に会話して食事もできるようになってる自分にも



ちょっと驚いてみたり(まぁ、相手がいい方だったからだけど)。 思っているよりも



あたし、大人の部分があるのかもしれず。



 ごちそうさまでした。


posted by かしこん at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする