2011年05月03日

神々と男たち/DES HOMMES ET DES DIEUX



 三宮シネフェニックスの支配人さんに以前、「今度、カンヌでグランプリ獲った



作品やれるんです〜。 是非見に来てください」と言われ、「あ、それは、必ず!」



と答えたのがこの『神々と男たち』です(今思えばその頃はもう閉館を決められて



いたわけで・・・まさに“最後の花道”な感じだったのかなぁと思ったり)。



 ちなみに、カンヌにおいてグランプリは第二位のことであります。 映画好きとして



カンヌ映画祭の結果の記事は読むんだけど、その頃は日本の配給なんか決まって



ないのがほとんどだから原題で紹介されるため、あらすじを知るまではどの映画の



ことなのかわからないこと多し。 すぐに公開が決まるとは限らないのでタイムラグも



あります(これは2010年のグランプリ、めずらしく早めです)。



   実際はカーキグレー調なのですが・・・照明の加減により。

           “さよならを言わなければならない時に・・・ともに生きる”



 はじめポスターを見たときから、中央のメガネの方にものすごく見覚えがあるん



だけど誰なのかはっきり思い出せない・・・でずっと気になってました。



   彼の名はランベール・ウィルソン。

     そしたら『華麗なるアリバイ』で殺された人、『迷宮の女』の精神科医でしたよ

     ・・・多分他にも見てるんだろうなぁ。



 映画は1996年にアルジェリアで実際に起きたフランス人修道士の誘拐・殺害



事件をモチーフに“修道士たちの静かな日常”と“そこに忍び寄るテロの恐怖”、



その結果“国に帰るか、信仰に生きるか”を問いかけ続けた修道士たちの姿が



描かれます。 大変内省的で、それ故とても静かで地味に見えてしまう前半ですが、



修道士役の俳優さんたちの力強くまさに修道士になりきった演技によりぐぐっと



見入ってしまう。 野良仕事をし、はちみつを瓶に詰め、医師資格を持つ者は



村人の診察をし、礼拝堂で聖歌を歌い祈りを捧げる、その繰り返しだけといっても



過言じゃないのに。



   村の娘さんとの会話。

    「恋したことある?」  「何度も。 けれど、60年前に大きな愛が訪れた」



 こちらはシトー会と呼ばれるカトリック会派だそうですが、自給自足がモットー



みたい(はちみつを市場に売りに行くシーンがあって、「それ買いたい!」と



手を挙げたくなった)。 服装に妙に既視感があると思ったらここの修道院は



トラピスト会所属だそうで、函館にあるトラピスト修道院と同じだからなのかしら?、



と思う(小学校の修学旅行で行きましたから。 バター飴やサブレを修道士の方々が



つくっていて、その売り上げが彼らの生活費等になる模様)。



 実際の事件は武装派イスラム原理主義集団(GIA:武装イスラム集団)によって



起こされたということになっているようですが、詳細は今を持っても謎のままだとか



(真相究明のための裁判が現在も継続中)。



 フランスとアルジェリアの複雑な関係は『いのちの戦場−アルジェリア1959−』



という映画で詳しく知ったけれど(あ、この映画を観たのもシネフェニックスだった)、



まだまだ複雑なままなんだなぁ、と何とも言えない気持ちに(アルジェリア側の



おえらいさんが修道士長に「アルジェリアがいつまでも成熟しないことに疲れた。



それもフランスの植民地政策のせい、組織的な略奪のせいだ」的なことを言っていたから)。



 武装集団が無差別に外国人を殺していくシーンなどが挿入されたりもしますが、



基本、修道院内部がメイン。 電話もない、ラジオもない、ときどき届く手紙と



用があるときだけの外出、と、ある種情報が遮断された状態で、それでもひたひたと



迫ってくるのが感じられるテロの存在を前にして心穏やかにはいられないけれど、



でも実際目の前にするまではっきりと感じられないという気持ちが、無理矢理かも



しれないけれど3・11後の日本ともダブります。



   テロリストと直面して。



   アルジェリア軍からも圧力が。



 「あなたたちの安全は保障できないから(むしろ人質として利用される可能性が



高いから)、フランスに帰ってくれ」とアルジェリア政府から勧告を受け、本国からも



帰国命令が出て、足並みの乱れる修道士9人。 死にたくない・帰りたい派と、



我々を頼る村人を見捨てることになるがそれは神の御意志なのか、で悩む派と。



 修道院内の描写は光の使い方がすごくいいんだけど、特に秀逸なのは台所。



 食卓のある部屋の壁が半分くりぬかれて台所が見えるんだけれど、そこに9人が



集まっているところを食卓側から撮る画は常に宗教画のようなのだ(絶対9人が



重なったり隠れたりすることなく映り、後方から光が差し込む。 くりぬかれた



壁がちょうど額縁のようになっている)。 何シーンかありますが、そこはとにかく



「うまい!」と思わず膝を叩きたくなる巧さと美しさです。



 静かなる葛藤の末の彼らの出した結論・・・それもはっきりと台詞に出される



わけではないんだけれど、それぞれが覚悟を決めたのであろう夕食の席に一人の



修道士が持ってきたカセットテープから流れるのはチャイコフスキーの『白鳥の湖』。



 それまでBGMはほとんどなく、出てくる音楽は彼らが祈りを捧げる聖歌だけ



だったので、あまりにも有名すぎてベタに思えてたこの曲をこんなにも新鮮に



感じられるとは! そして修道士ひとりひとりの表情をじっくりと追うカメラは、



彼らの人生そのものを映し出すようで(また、このシーンは『最後の晩餐』に



なぞらえてある)、役者のみなさんの演技力というか気持ちの入りようのせいも



あるでしょうが大変胸を打たれました。



   お客さんが訪れて・・・みんなの写真。



 “殉教”という精神は多くの日本人には馴染みが薄いであろうし、あたしも



信仰を持っていないので彼らの覚悟を本当の意味で理解できたとはいえないし、



多分これからも理解できないと思う(けれど彼らもそこまではっきりとした意識は



なかったかもしれない)。 ただ、身近な人々を置いて自分たちだけで帰るのは



・・・という“情”の部分はすごくわかるし、結果的にテロに利用されることは



大局的な見地からしたらマイナスなんだけど、それでもささやかなことを見過ごす



ことができない、という部分には共感する。 



 安易に善悪を決めつけない(神々=キリストとアラー、キリスト教とイスラム教は



相容れぬものではなく互いに理解しあえる存在だ、とコーランを引用して修道士長と



テロリストリーダーが語り合う場面もある)、わからないことは推測で描かない、と



いう中立的な立場をあえて取ったのであろうこの映画は、実話であるということの



持つセンセーショナルな部分を飛び越えて「人間として生きるとは」という壮大な



問いかけを提示する。



 答えはないけど、それぞれが見つけていくものだろうけれど。



 なので大変地味な映画になっているため、見る人を選ぶかと思いますが、見て



損はなし!、です(演技派おじさん俳優好きな方、必見!)。



 こんな地味な映画にグランプリをやるんだから、さすが腐ってもカンヌ、ですなぁ。



 そして上映してくれた三宮シネフェニックスに、心をこめて「ありがとうございます」。


posted by かしこん at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

わさお



 これはどうなのかなー、と企画を聞いたときにはダメダメ感を明らかに感じたの



だが、蓋を開けて見たら主役薬師丸ひろ子! 脚本小林弘利!ってことでなんか



ちょっと見てもいいかなー、という気になった。



   こう見ると・・・わさお、でっかい。



 舞台は青森県鯵ヶ沢町。 子犬をもらって大はしゃぎの少年はその犬をシロと



名付けいつも一緒に。 しかし、ある不慮の事故によって少年はシロに八つ当たり、



「お前なんかどっかに行っちゃえ!」と吐き捨て、困った父親は東京の妹にシロを



預けるのだが、少年と遊んだ記憶が残るシロは家を抜け出し、少年のもとに戻ろう



とするのだった・・・。



 むくむくの真っ白な子犬が、人に追い払われ、雨の中をとぼとぼと歩いて行く



場面(映画開始からまだ十数分)で、映画館からすすり泣きが。 あたしもちょっと



ヤバかったですけど、犬好きの方にはかなりくる映像かと。



 まぁ、ツッコミどころはあります。 何故父親は「シロのせいじゃない!」と息子を



叱らないのか、とか。 しかしそれは彼自身が自分で気づかなければならないこと



なのだというまとめにつながるのですが・・・そのあたり、小林弘利的世界観と



いうかそういうものにつながっているようで、手ぬるいと思いつつあたしはニヤリ、



なのです。



 そして時は流れ(とはいえ一年たってない)、鯵ヶ沢町でイカ焼き屋をやっている



セツ子(薬師丸ひろ子)は、ある日わさわさした毛の巨大な秋田犬を見かける。



 捨て犬を引き取り続けているセツ子はあまりに印象的すぎるその犬を密かに



“わさお”と名付け、引き取ろうとするが彼はまったく人になつかず、むしろ



孤高の存在のように現れては消え、消えては現れる。



 わさお以外の犬はちゃんとした動物プロダクションの犬なんでしょう、「そろそろ



年だし心配なのよね」と言われるセツ子さんところの一匹の犬の弱った感じの



名演技に度肝抜かれます(それ故、わさおの自然体が妙に浮いてみたり、逆に



孤高の存在に見えたり、不思議)。



   他の犬、かわいい。



 ちなみにあたし、曾祖父母の墓が鯵ヶ沢にありまして・・・イカ焼き通り(イカ



焼き屋さんが店を連ねている場所で、タレの味が一軒一軒違うのでそれぞれ



ご贔屓の店あり)を通るたびにイカを買ってもらっておりました。 子供だった



からね。 だからこの映画を見て思っていたのはずーっと「イカ食べたい!」でした。



関西のデパートが東北物産展やるなら、鯵ヶ沢の焼きイカ持ってくればいいのに。



しかし煙が出過ぎる・においが強いからダメなのだろうか? ちなみに映画では



焼きイカ一枚(当然ゲソつき)300円でした・・・安い(しかも食べやすい



ように切ってお皿に入れてくれていた。 昔はまるまる一枚を新聞紙にくるんで



終わりだったのに)。



 と、一夜干しの焼きイカに思いを馳せつつも、物語はわさお中心ではなくさびれ



つつある田舎町に暮らす人々にフィーチャー。 焼きイカを肴に飲みつつだべる



おじさん方(上田耕一・不破万作・河原さぶの三人が楽しすぎ! そして目立ち



すぎ!)、全然役に立たない釣り人(佐野史郎)、嫁がほしいがうまく気持ちを



伝えられない青年?(甲本雅裕)、気持ちはわかっているがどう答えたらいいのか



悩んでる幼馴染(鈴木砂羽)、やたらかっこいいオーラの獣医(大沢樹生)、



無口なマタギ(笹野高史)、などなどなかなかの豪華キャストなのです!



 過疎化も進んでいるのであろう数の少ない若者たち、おとぼけさんは出てくるが



悪人は誰ひとりとして出てこないのもまた、ファミリー向け映画だということを



差し引いても小林弘利ワールドだなぁ。



 まぁ、実際イカ焼き屋のおかみさんにあんなかわいい人はいないであろうが、



無口な夫(平田満)とはっきり会話してるシーンはないもののセツ子さんの見た



こと・思ったことがちゃんと伝わっているのがよくわかる場面が多々あり、



“いい夫婦像”な感じです。 今回の地震で全壊したという八戸港も元の姿で



ちょっと映っていたし、つくってもらえてよかったんだろうな、と思いました。



 途中、クマが現れるというシーンでは急に安っぽい着ぐるみ感全開なのがとても



わびしかったですが・・・子供たちはきゃーきゃー言ってたのでよしとしようか



(そう、これを見たときはまだ世間は春休みだったのです)。



 とはいえ、ツッコミどこもまた満載・・・ねぶたとねぷたの違いも知らない人



たちには大きく誤解を与えるであろう祭りとか、あんなコロコロの仔犬が一年



そこそこでわさおみたいになっちゃうのかよ!、とか、結構近くにわさおが



いるのにその存在に気づかない少年とか、そもそも少年の母の状態はどういう



ものなのか!、などなど、キリがありませんが・・・そこは薬師丸ひろ子の



かわいさとじーさま三人に免じて許しましょう!



   ま、わさおにも癒されます。



 そしてわさおのプロモーションビデオで終わることなく鯵ヶ沢のアピールも



含めて「地方に生きること」を話のまとまりがなくなることを承知の上で内容に



盛り込んだのであろうスタッフのみなさんの苦労もまた。



 しかし海辺のウミネコの数が半端ではないようで・・・(あたしには普通の



光景なんだけど)客席からはどよめきが。 まぁ、神戸港にはこんなにカモメ



いないですからねぇ。 日本は広い、を実感するため、地方発映画はまだまだ



続くだろうし、続いてほしいけど、脚本と世界観はしっかりしてくださいね。


posted by かしこん at 07:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

積読本減らしキャンペーン続行中・・・A



『制裁』/アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム



 スウェーデンのまた別のミステリ・シリーズを発見。 『ミレニアム』三部作と同じ



訳者の方です。 というか『死刑囚』という本を買ってしまったら(スウェーデンでは



死刑がないはずなのにな〜、と思って)、よく見たらそれが第3弾となっていたので、



先に第1弾を読むことに。



   ランダムハウスはまた名前が変わったのね。



 そしたらば、性犯罪者に甘いスウェーデンの法律の壁が新たな悲劇を生む、と



いうこの国にも通じる内容でございました(別にシリーズではないのでは、単発で



読んでも問題ないのでは、と思ったら二作目からは脇役だったストックホルム市警の



警部&警部補が主人公になり、一作目に出てきた囚人の仮釈放が問題になったりと



連動していて、やはり順番に読んでいる方がよいと思われます)。



 登場人物が多く、かつスウェーデン特有の馴染みのない名字なので一見さんには



少々辛いものがあるかもです(慣れてきているあたしも最初のほうはちょくちょく



登場人物一覧を見ましたが、ほんとのチョイ役は載ってなかったり・・・



『ミレニアム』シリーズはその点親切でしたね)。



 性犯罪者で連続幼女誘拐殺人犯を、被害者の父親が復讐のため追いまわして殺す、



というだけの話じゃないところがポイント。 そして犯人について幼年期のトラウマが



的擁護論を一蹴してしまうのもよし(ただのボロクズとして描かれているのが大変



よろしいかと)。 むしろ、復讐を果たした父親を英雄視し(そこまでは心情的に



わかります)、自分たちの身近にいる“ちょっとおかしい人たち”を連続殺人犯と



同じく「ロリコン変態野郎」と決めつけ、私刑にしようとする変な勢いに乗っちゃった



市民の恐ろしさを生み出した点を描いたところが深みを生み出したような。



 まぁ、内容は結局因果応報論に終始してしまうのですが、仮定ですが「死刑の



ない国」がこのような暴走を生み出すのならば、罪には相当の罰をと望む市民が



いる限り死刑制度は有効なのでは・・・と考えてしまいました。







『ヒプノスの回廊』<グイン・サーガ外伝22>/栗本薫



 結局、読んでしまった・・・。



 “これまで文庫に収録されていなかった作品の寄せ集め”なのだから統一性など



あるはずもないのだが、それも含めての『グイン・サーガ』なんだな、と今更ながらに



思い知らされたというか・・・奇妙な気持ちになった。



   グイン・・・後ろ姿だけね。



 もともと、本編と外伝の関係がこんなに曖昧なシリーズも珍しいんじゃないか、



という作品ではあった。 本編に主人公が延々登場せず、その間外伝で活躍して



いたり(そしてその物語を外伝にする意味もよくわからなかったり)。



 そう思うと外伝ってなんでもありなんだな〜、と。 たとえ本編で命を落とした



人物も、外伝で時を遡ればいくらでもまた活躍してくれる。



 勿論読者の中にキャラクターたちは生きているんだけれど、物語としても誰が



書こうが世界観というそれなりの約束を守ればいくらでも書き続けていけるんじゃ



ないだろうか、本筋の核心に触れなくても。



 まぁあたしは本編での<コンピュータ>・<ホストマスター>の登場にがっくり



きちゃった人間なので、アウラ・カーがどんな存在であろうとも失望とかしないって



ことに自分でもびっくり。



 もはやグインの生い立ち・存在の謎よりも中原の歴史、主要人物たちのその後



(というか生涯)が知りたくてずーっと読んできたんだな、ということに改めて



気づいた。



 5月から他の作家の競作による『グイン・サーガ・ワールド』が刊行されるよう



ですが・・・なんかもう抵抗を感じないかも、と考えている。


posted by かしこん at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする