2011年04月23日

はしごカフェ 2



 カフェ文化の根付いている街・神戸でありますが、あたしがまだ「普通のカフェ」との



距離感がうまくとれずに、結局チェーンのカフェばかり行くことが多くなっております。



 いや、それなりに行ったりしてるんですけど、お店が狭かったりお店の人との距離も



近かったりすると写真を撮っていいのか悩むし、どれくらい長居していいのかの感覚が



つかめないんですよね・・・それこそ、長く通って常連になるしかないのでしょうが。



 というわけで、例によってスタバであります。



   バナナのパンケーキとともに。



 新商品の“ココアカプチーノ”を試してみたくて。 カップのロゴも新しい



 しかも夜に行ったのに朝食メニューであるはずのパンケーキがひとつだけ残って



いたので、それもオーダーしてみました(ホイップバターとはちみつ入りメイプル



シロップがつきますが、あたしはホイップバターだけで十分。 メイプルシロップは



実家への食糧救援物資の箱の隙間にしのばせました)。



 コーヒーがもともと得意ではないあたし、ラテ系はOKになってきたけれどカプチーノは



もう一段階ハイレベルな印象なのですが・・・カカオならば大丈夫かと思って。



 しかし一口目、ガツンときたのはフォームミルクに包まれたエスプレッソだった・・・。



 しかも、熱い。 ちょっと待て、とパンケーキ一枚を先に食べる。 それからカップを



軽く振って、再挑戦。 ・・・あ、チョコレートの味が。 でも“ココア”の名の通り、



チョコはあまり強くない。 ココアのほのかな苦みが、エスプレッソの苦みと調和するの



でしょうか。 うーん、ココアに期待しすぎたか。





 その後、たまたま空いているのが見えた上島珈琲店。



 季節のミルク珈琲が“イチゴミルク珈琲”となっていたので素通りできず。



 イチゴが好きです。



 席をとってオーダー通してもらったが・・・つくってくれた方がまだ慣れていない方



なのか、明らかに看板の写真と違うものが出てきました。



   どこがイチゴかわからん・・・。



 写真では浮かぶホイップクリームの上にストロベリーソースが、という感じだったの



ですが。 ホイップ自体も沈んでおります。



 これはどういうことだ、とスプーンをカップに差し入れると・・・何かが底に沈んでいる!



しかも明らかに個体・・・そうか、プレザーブ状のイチゴ(いちご本来の形を残した



ジャムのようなもの)が入っているのか、と思ってひとつすくって口に入れたら・・・



違うよ! いちごのペーストが固まってるだけだよ!



 がしがしと、スプーンでかきまわす。 まだ熱いうちにペーストを溶かさなければ!



 なるほど、これがホイップの上に乗せられていったのなら沈むはずだよ・・・。



 完全には溶けきれなかったんだけど、かな―り甘いイチゴ味になりました。



 コーヒーの味はどこに? うむ、これはイチゴペーストを規定量より入れすぎたん



ではないだろうか? そんなに“いちご好き”な顔をしていただろうか・・・これもきっと



サービスだったんだろうな、と思うことにするが、次にまた“イチゴミルク珈琲”を



頼むかどうかは自信がない・・・。


posted by かしこん at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする