2011年04月21日

久し振りに邦楽のCDだけ買った!



 聴く音楽はすっかり洋楽中心となっておりますあたしですが、日本のアーティストを



まったく聴かないというわけではないのですよ。 ただ一時期、非常に日本語をバカに



している!、と憤慨するやつらばかり出てきていたので遠ざかってしまい、そのままに



なっていただけで。



 でも最近はその反動なのか、きちんと“歌詞”を大事にする若手の方々が出てきて



くれているようでうれしいのですが、きっかけがないためにはまりこめません(もともと、



無名の時代から発掘して応援します!的パワーはあたしにはないので、耳にして



気に入った方々は追いかけますが、ある程度売れてくれればあたしが応援しなくても



もういいかな、と手をひいてしまうこともあり。 ゆずとかミスチルとかですね、CDを



買わなくても耳に入ってくるし、誰かが貸してくれたりするし)。



 しかし、売れる売れないに関係なく新作が出るたびに買ってしまう人はいる。



   どーも/小田和正



 前々作『個人主義』で「もうオリジナルアルバムはつくらないかも」発言をしていた彼。



「シングルがある程度たまったらアルバムにする感じかな」と言っていた通りに、



10曲中7曲がタイアップであります・・・(というわけで今頃ドラマ『トライアングル』の



主題歌『さよならは 言わない』が入っているという)。 またタイトルも適当っぽい・・・。



 でも、いいのです。 曲が似てるとか歌ってることが似てるとかいいのです。



 小田さんの声が聴ければ、それで。 そして売れるでしょうが。



 が、レコード会社がアリオラジャパンって、なに? 小田さん、ファンハウスじゃ・・・



と思ったらコーラスやってる佐藤竹善のS.L.T.の所属もユニヴァーサルジャパンに



なっており、スタレビはいつからテイチクですか?! と、今頃レコード会社再編の



波とかある程度ベテランの方々でもリストラされる現状とかが感じられて哀しくなって



しまった・・・(こういうのを感じたくないから邦楽から遠ざかってるのかも)。



 えー、ちなみにS.L.T.の新作は地震の影響で発売延期(未定)となっております。



 そしてこれも発売予定が二転三転しましたが・・・。



   ベストマテリアルズ/椿屋四重奏



 最初聞いたときはメジャーデビュー後のベストと、インディーズ時代のベストを別に



出す、という話だったような・・・が、蓋を開けたら初回限定盤にインディーズベストと



ビデオクリップDVDつける(標準盤はメジャー後ベストのみ)という仕様になった。



 これで¥980しか違わないんだったら初回限定盤買いますよ。



 で、聴いてみると・・・やはり最初の頃は粗削りというか、歌い方もメロディーの勢いに



引きずられていまいち歌詞が聞き取れないとかありますが(勿論それが好きだったと



いう方もいらっしゃるでしょう)、だんだん“伝わる・伝える”方向になってきていて、



ラストシングルとなった『マテリアル』でそれは高度に完成の域に達そうとしていた



わけで・・・やっぱりこの先が楽しみだったなぁ、と(特にファンというわけじゃ



なかったので傍観者的感想で申し訳ないのですが)思うのです。



 さて、最後に新人を一人。



   リアルタイム・シンガーソングライター

                        /高橋優




 「今思ったことを今歌う」というキャッチフレーズに「え?」となってしまったあたし



でしたが、毎日パワープレイされた『ほんとのきもち』がぱたっとかからなくなったら



ふいに寂しさを覚えてしまい、「やられた・・・」と敗北宣言。



 そう、言葉数の多い人に弱い、というのもあたしの癖です。



 今はちょうど時節柄(?)、次のシングル『福笑い』の♪“きっと世界の共通言語は



英語じゃなくて笑顔だと思う”♪に注目が集まっていることもあり、インタビュー聞いた



感じではご本人も基本的には真面目な青年のようだったので、ブレイクしてくれたら



いいなー、と思います。


posted by かしこん at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする