2011年04月20日

大きな黄色い、満月に近い月



 実家より、「単一・二の電池が全然ない」の連絡あり。



 前々からそういう話は出ていたので探していたのですが・・・神戸でも見事に品薄。



 ついに100円ショップなども回ってみましたが、総じてどこも「入荷未定」。



 いったいどこにあるのか? 首都圏か? それとも単一電池自体生産減少傾向に



あったということなのだろうか。 急に増産しようとも追いつかないくらいに。 しかし



政府が隠匿したという190万とも210万個ともいわれた乾電池の単一の割合はいかに?



 というわけで単三・四電池で動くライトらしきものを探した方が建設的である、という



ことで上の妹は手元用ライトと、玄関に設置するライトを購入したらしい。



 次にいつ停電になるかは、予測がつかないと同時にいつ来てもおかしくないものだから。



 さてそんなあたしは、“しょうがはちみつ漬け”をそろそろお湯割りから変更して、次に



ジンジャーエールにして飲んでみようかなぁ・・・と炭酸飲料(願わくば『三ツ矢サイダー



ゼロ』)を購入しようと思ったのだが、近所のスーパーにはなかった・・・。



 ファンタオレンジやグレープ、ペプシ&コカ・コーラはあるのだが、透明炭酸がない!



 ハイボールをつくるための酒メーカー炭酸はあるが・・・1.5リットルを¥198で



買おうとしてる気分としては500ミリで100円越えは・・・つらい。



 こういうのも、贅沢になってしまうのだろうか。



 ピンポイントでほしいものがなかったら、代用品でなんとかせよ。 場合によっては



代用品すらない場合もあるのだから、それ自体を幸運と思いたまえ、と。



 3・11後、日本は貧しくなるという人がいる。



 いや、すでに心は貧しかったのだ(とくに都会は)。 これまではそれを物質的豊かさで



埋めていた。 ベールをはがされたらもう貧しさしか残らない。 むしろ豊かな心は田舎に



こそ残っている、のかもしれない。



 今夜は満月だったのだろうか、やたらに低くて、だからいつもより黄色く大きく見えた。



クレーターの色の差がわかるほどに。



 けれど道を進むとすぐに建物の影に隠れてしまった。


posted by かしこん at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする