2011年02月28日

英国王のスピーチ/THE KING'S SPEECH

 なんでももともとジョージ6世役のオファーを最初に受けたのはヒュー・グラントだったらしい(そしてヒューさまはこれを断り、今大変後悔しているとか)。 でも、もしヒューさまだったらどうだっただろう? それがちょっと想像ができないくらい、コリン・ファースがはまり役です!
 そもそも吃音って生まれつきのものじゃないし、原因は幼少時のトラウマとかであることが多いのだから、克服しようと思って正しい手段を踏めばできるもの。 けれどそれは現代の認識で、当時はどう思われていたんだろうか・・・うつ病と同じで「お前にやる気がないからだ」で済まされてしまっていたんだろうか。
 そんな屈折感が、コリン・ファースから滲み出ています。

  英国王のスピーチ6.jpg とりあえず“内面の苦悩”が似合う人。
 幼少時から吃音に悩むヨーク公(コリン・ファース)はとにかく人前で話すことが嫌いだった。 しかし父親の国王ジョージ5世も兄である皇太子(プリンス・オブ・ウェールズ)も演説はお手の物。 ラジオ放送が当たり前になった時代でもあり、王族たるもの国民に説得力をもって語りかけて一人前。 それ故、ヨーク公の悩みは深い。 それを誰よりも知る妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は様々な治療法を求めて、ついに場末の言語治療士ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)の存在を知る。

  英国王のスピーチ1.jpg ジョージ5世の命令で、いろいろな機会に王の名代として出されるが失敗続き・・・でもそれを痛い感じに見せないのは実在の人物への配慮なのか、見てるほうがつらくなるのを回避するためなのか。
 ほぼこの三人の舞台劇に置き換えられそうな、人間関係が中心の物語でした。
 というかコリン・ファースとジェフリー・ラッシュはダブル主演だろ・・・と思う(賞獲りのために主演と助演にわけたとしか思えない)。
 英国王室は日本の皇室と比較されることが多いですが、本質的に違うものだということがこの映画だけでもよくわかった。 王族であることの自負は国に対する責任感でもあるが「ただの市民・下賤の者とは違うのだ」という強烈な選民意識がそこにはあって、<基本的にヨーロッパの王室は外国系の支配階級>ということを思い出させてくれます。 王族であることを負担に感じているヨーク公ですらその感覚は徹底しているので、ならば他の王族はかくや。

  英国王のスピーチ4.jpg ポリシーを曲げぬ反骨の人。
 それに対してライオネルはオーストラリアからの移民なのか、オーストラリア訛りであることをことあるごとに揶揄される。 ヨーク公への協力も、最初は仕事だし英国に対する皮肉も交じっていたはずである。 しかしそんな二人が歩み寄る過程、苦難にともに立ち向かうが故に生じる友情が、この映画の見どころなのかな〜(似た題材としてはドイツ映画の『わが教え子、ヒトラー』がありますが・・・違いは憎しみが消えてない、というところかも)。 途中の、ライオネルが謝罪しようとするのにそれをぶった切るヨーク公の冷たさに、ライオネルの何とも言えない悲しさあふれる表情が胸に迫りました。
 それにしても相変わらず世界史不案内のあたし、ヨーク公の兄が“王位を捨てた恋”のエドワード8世とは・・・。 純愛伝説だと思ってたこの話、実は“百戦錬磨の人妻と、手玉に取られた愚かな男の話”だったとは・・・エドワード8世役のガイ・ピアースのおバカっぷりが光ります(間抜けすぎてひどい)。 

  英国王のスピーチ7.jpg 来日して靖国神社を参拝したり、いい評判もある人なのだが・・・この映画ではただのダメ男だったよ〜。
 お相手のシンプソン夫人はアメリカ人だそうですが、さすが王室を持たない国の人間らしく敬意を払うことを知らない傍若無人さで、こりゃ実情を知ったイギリス人は怒るわ、と思いましたよ(こういうところで、「日本人でよかった」と感じたあたし)。
 のちの首相であるチャーチルはまだ閣僚の一人にすぎず、世界の1/4が英国領だった時代・・・それがそれほど過去ではない(ヨーク公の娘が今のエリザベス女王)ということに驚きを禁じえず、そして当時英国の植民地であった国々はヨーク公(のちのジョージ6世)と英国礼賛映画であるこの作品に対して文句なんて言わないんだろうなぁ・・・と思うと、なんか日本って不公平な地位にいるんじゃないかい?、とつい余計なことも考えてしまうのです。

  英国王のスピーチ2.jpg そして戴冠へ。
 で、エドワード8世は弟に王位を譲り好き放題に生きる道を選び、ジョージ6世となったヨーク公は国を背負うことに加えて吃音の克服を否応なく迫られる。 元が実話なのでそのあたりには切迫感があり、ナチス・ドイツの台頭や戦争が近い中のスピーチ、というラストへの感動へとつながるわけですが・・・でも歴史ドラマとしては少々物足りない感あり。 ヨーク公が王位を継ぐことの苦悩はこれでもかというほど描かれるけど、妻のエリザベスが皇后になることに対しての自分の気持ちとかあまり出てこなかった気がする(王族になるのが嫌でプロポーズを二度断った女性が決意して結婚したとはいえ王弟の妻と皇后では立場がまったく違うでしょうに)。

  英国王のスピーチ9.jpg ヘレナ・ボナム=カーターは特殊メイクがなければチャーミングな役も似合うのにな・・・。
 やはりここは“バディ物”としての面白さを買いたいですな。 うますぎて腹が立ってくるほどのジェフリー・ラッシュとコリン・ファースの丁々発止を楽しむ、そういう役者重視の小品という感じが。 結構笑えるところもありますし、とてもイギリスらしいシニカルなハートウォーミング・コメディというか。 明らかなアカデミー賞的大作ではないことは確かです(まぁ、最近大作はアカデミー賞獲れませんがね)。
 ところでイギリスの映画監督はテレビドラマ出身の方が多いですが、そういうシステムなんですかね?(トム・フーパー監督も後期の『第一容疑者』とか撮ってます)。 それともドラマ自体が映画指向なのか。 そこも日本と違うな・・・。

ラベル:外国映画 映画館
posted by かしこん at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする