2011年01月16日

抜け穴の会議室 Room bQ@シアター・ドラマシティ

 Team申、初参戦です。 佐々木蔵之介主催の臨時ユニット、今回は大杉漣との二人芝居ということで「これはぜひ見なければ!」と思ったわけです。
 漣さんを舞台で見るの、初めてだ〜。
 『抜け穴の会議室』自体は以前仲村トオルとやったことがあるようで、一応再演の形ですが、見ていたらわかるけど共演者と佐々木蔵之介との年齢差により設定がかなり変わっている部分があることは明白(だから“Room bQ”なんだろう)。

  抜け穴の会議室時間割.JPG あら、意外に上演時間短いのね。
 ということは、ガチで二人喋りっぱなしということか・・・二人だけで2時間ごえはきついですよねぇ(そう思うと上川隆也&斎藤晴彦の『ウーマン・イン・ブラック』はすごかったのね・・・舞台転換に助けられた部分があるとしても、私の見た二人芝居でいちばんの超大作でした)。
 ステージ上は、得体の知れない岩壁に囲まれ、中央には渦巻が。
 あっ、不条理っぽい!、と不吉な予感。 SF方向に転んでくれればいいんだけどな、と祈る。
 それにしても客席は、「きゃー、蔵之介様!!」な空気が充満しており・・・『惑星ピスタチオ』時代のファン?と思しき方が子供と一緒に来ていたり、幅広く女性が多かったです(あたしのまわりでも佐々木蔵之介キライっていう人見たことないし・・・おそるべし、幸さま!)。 グッズ売り場は行列だし、京都の老舗・信三郎帆布とのコラボレーションカバン(出身が京都だから付き合いあり? 佐々木蔵之介デザイン&内側に直筆サイン入り)が飛ぶように売れている。
 パンフだけ買った自分がなんか申し訳ない感じになりました(パンフだけの人は別に売り場つくれば行列あんなに長くならなかっただろうに)。
 開演前の客席注意アナウンスは何故か豪華に市川亀治郎&仲村トオル(これまでにTeam申に参加した人が読まされるのが慣例らしい)。 そのコメントを聞いて・・・あたし、この10年くらい佐々木蔵之介の舞台を全部ではないけどそれなりに見てるような気がするんだけど(テレビドラマも結構見てるけど)、なんというか着実なる成長というか周囲に与える影響力というか、そういうものを感じてしまいました。 すごいなぁ、幸さま!

  抜け穴の会議室.jpg ポスターもちょっと不条理っぽいですよね。

 さて、本編ですが・・・予想したよりも不条理ではなかった。 というか全然、不条理じゃなかった。 お互い何もわからない状態、というスタートは映画『パンドラム』と同じですが舞台だとその必死感が息苦しいほどの緊張感にならないのが不思議(でもそれは舞台特有の空気感のせいかなぁと思う)。
 大杉漣さん、舞台で初めてなのにも関わらず初めてという気がしなかった。
 テレビ・映画でずっと見てきてるから? 演技スタイルが基本舞台だと感じてたから? 意外性はないけど、ものすごい安心感。 コントもいけるよ!
 是非、シティボーイズライブに出てほしい!
 あらすじを説明するとネタばれになってしまうのでできませんが、序盤からさりげなく積み重ねられたヒントの断片がつながっていく様子、しかもそれからその先が推測できるにもかかわらず“魅せて”しまう二人のぶつかり合いに引き込まれたあっという間の90分でした。
 なかなか笑えたし、シリアス部分はきっちり決まるので後半すすり泣きしてる人結構いたし(あたしは泣くところはなかったが)。
 物語の世界観としては新しいものはなかったけれど、「生きる」ということの肯定を強く打ち出しているのが印象的でした(それだけ命を大事にしない世の中だから、ということなんでしょうなぁ)。
 ただ、個人の過去やら特徴・個性やらを一切感じさせないための舞台衣装が佐々木蔵之介のスタイルのよさを殺していて残念・・・。 漣さんも長身のせいか、いつも感じる「背、高っ!」という驚きは今回なかったです。
 少人数のぶつかり合う芝居って、やっぱりいいなぁ、好きだわ、と実感しました。
 次は『ろくでなし啄木』(3人芝居)、『大人は、かく戦えり』(4人芝居)と続きます! 今年の演劇はスタート上々!
 心配は、『国民の映画』のチケットが獲れるかどうか、です。

posted by かしこん at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・演劇・芸術・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする