2011年01月03日

浪費を戒めようと思ったのは・・・

 クリスマス前に大きな買い物をしてしまったからです。
 それを思うと、CD5枚で¥7,000−なんぞかわいいもんです。
 カルティエに行ってしまったことももう過ぎたことです。
 まずは、行くたび新商品が出ている危険なお店・ATAO。
 この前、ココア色のいいカバン買ったばかりですよ。 だからもうカバンは打ち止めにしようと思っていたのに・・・“あたしの赤”を見つけてしまう。

  アタオエルビィワイン2.JPG ライトの加減で色が・・・。
 A4が横で余裕で入って、マチもDVD50枚スピンドルがしっかり入ります。 勿論、牛革。 使いこむごとにどんどんくったりしていくらしい。
 この形が今のATAOの“IT BAG”のようで、シーズンごとに新色投入されますが、ここまでがっしり胸ぐらつかまれた色ははじめて。 そして使ってみて、なるほどイットバッグ(そのブランドを代表する顔としてのカバン)にする意味がわかる使いやすさ。
 カタログに載ってる写真はちょっとイメージで損してる形になってるかも・・・この色が来るまでほしいと思わなかったもん。

  アタオエルビィワイン4.JPG ショルダーつき。
 あ、これが本来の色に近い感じです。 鮮やかでいい赤でしょ。 お店的には「ワイン」という色のようですが、一般的なイメージのボルドー色よりは明るい感じかと。

  アタオエルビィワイン5.JPG ショルダー外してもOK。
 実はこの持ち手部分、カバンの内部に収納できるので肩掛けショルダーにした場合、非常にすっきりしたシルエットになります。
 いやー、久し振りに直球できちゃった“あたしの赤”に近い色なので「買います!」になってしまった・・・だって、ポール・スミスのあの時計のことを考えたらなんだってお安く思えてしまうもの(クリスマスフェアで実際ちょっと値引きしてもらった上にノベルティまでもらってしまったし)。
 とりあえず大変かわいい上にたくさん入るので、よろこび勇んで持ち歩く。
 ショルダーひもに赤が入っているので、ココアのカバンにつけてみてもかわいいと思いますよ、とお店の方に言ってもらい、おお、ココアのカバンに赤いチャームやスカーフなぞを結び付ければまた違った印象に!
 赤いチャームを探しそうだ、あたし。

 そしてセールのお知らせが来ていた木の庄帆布。 期間終了ぎりぎりにのぞいてみれば、「閉店ですか?」と思うほどの大安売りに動揺する(なので「なんでこんなに安くなってるんですか」と訊けなかった・・・)。
 で、前にちょっと見て「かわいいなぁ」と思ったやつまでもが大幅値下げで、割合新製品なのに何故?、と思えばつい数日前から値下げ対象商品になったそうである。
 あたし、タイミングいいのか悪いのか?

  最後の木の庄1.JPG 縦にA4入るサイズ。
 ただこれは内部にポケットが少なくて、それがネックで見送ったのですが・・・これだけお安かったら許せるかなぁ、の気分に。

  最後の木の庄2.JPG 開閉部のこの革ひもがキュートで。
 この揺れる革ひもがかわいかったのよね〜。 色も悩みましたが、オールブラウンで決定(って、買うことになってんのかい!)。
 「イニシャルとか、お好きなアルファベットありますか?」
 「Kです」と答えれば “K” のチャームが登場。 「最後の一個でした」
 こちらのチャームもほぼ半額ぐらいになっており、ほんとに閉店するんじゃないかという気持ちになり・・・。

  最後の木の庄3.JPG つけてもらってしまった!
 それでも発売当初のカバンだけのお値段よりもお安いのである・・・ほんとに大丈夫ですか?
 いつもあたしが行くときにいた店員さんが退職されていたりと、なんか同情心で購入してしまった感じがしなくもないのだが、まぁこれが最後かもしれませんしね。
 で、実際に使ってみると、特に斜めがけショルダーとして持った場合、自分の側に来る革ひもが実は邪魔・・・というか上着にこすれてボロボロ細かいものが帆布にくっつく、という使ってみないとわからないマイナスポイントが見つかりましたが、まぁそれも最初のうちか、と。 着る服を選ばないのも帆布カバンのいいところだし、多少雨降っても気にならないし(革カバンだとそうはいかないので)。
 というわけで年末にカバンを2個も買ったわけですよ・・・(多少セールとはいえ)。
 そりゃ、今年はちょっと気をつけようと思いますよ、さすがのあたしも。

ラベル:カバン
posted by かしこん at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする