2010年12月19日

TAKE THATばかり聴いてしまってますが

 すっかりTAKE THATばっかり聴いちゃってますが、他にもアルバムを買っていたのでした。 いやー、繰り返し聴いていたら、もう誰がリードヴォーカルでとかどうでもよくなってきてる。 アルバムトータルとしての完成度、素晴らしい!
 何度もリピートしちゃってるけど、飽きないのです。
 おかげで他を聴く時間があまりないのだが・・・。

  ダニエルパウターベスト.jpg BEST OF ME〜Best of DANIEL POWTER
 2枚しかアルバム出してないのにベスト出すのかよ・・・と「?」と「!」マークが渦を巻くが、新曲“LOSE TO WIN”の出来がよいので許す。 まさに「負けるが勝ち」のタイトル通り、妙に突き抜けた明るさがある(開き直りか?)。
 “BAD DAY”もそうだけど、なんていうのか・・・「負け犬」的気分を笑い飛ばすのがうまい人なんでしょうね、きっと。 本国では一発屋扱いのようですが、多分日本のほうが人気あるのはそういうメンタリティが通じ合うからでは?
 来日インタビュー聞きましたが、相変わらず一人娘LOVEな模様(確か奥さんに逃げられ、当時4歳ぐらいで置いていかれた娘さんが僕の恋人だよ、と前回来日時に言っていたような記憶が)。

  ボンジョヴィベスト.jpg GREATEST HITS /BON JOVI
 実はボン・ジョヴィはベスト盤しか持ってません!
 なのでこれ、以前のベスト“CROSS ROAD”とも結構かぶってる曲あるんだけど・・・“IT'S MY LIFE”と“HAVE A NICE DAY”のアガリ具合は大事だよなぁ、ということで輸入盤¥1500−のやつを購入。
 できたら“THANK YOU”も入っていてほしかったところだが・・・それは反則ですか?

  Bruno Mars.jpg doo-wops&hooligans /BRUNO MARS
 これは輸入盤¥1000−だったので!
 FMで山程“JUST THE WAY YOU ARE”がかかってて覚えちゃったのも要因ですが、なにしろ輸入盤なのでこの人がどんな人なのかわからない。 ソングライター&コンポーザーとしていろんな人と組んで結構ヒットを飛ばしてる人みたいですが、あまりあたしが普段聞かないジャンルなのかなぁ。 今後、注目の人になりますよ、的な雰囲気で売り出そうとはしてますね。
 このアルバムも洋盤には珍しく10曲、36分あまり! やる気あんのか?!
 ヴォーカルはハスキー系でソフト、というなんとなく中性的な感じ。
 ベースはブラック系なのですね。 一曲目と二曲目は結構好きだけど、あとはあまり違いがよくわからないかも・・・キライじゃないんだけど・・・うーん、この感じならBABYFACEとかTONY RICH PROJECTなんかのほうが好きすぎるからだろうか・・・。
 でもロックっぽい要素・レゲエっぽい要素もあるし、メロディもちゃんとしてるのだが・・・収録時間が短いのが物足りないのだろうか?
 ちょっとネットで見たら・・・お値段3ケタなんですけど・・・(国内盤の発売はまだ先)、ちょっと、へこむ。

ラベル:洋楽
posted by かしこん at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Music! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする