2010年12月06日

裁判長! ここは懲役4年でどうすか

 ドラマ『流星の絆』で役者・バナナマン設楽さんいいなぁ、と思ったので、彼の初主演だそうなこの映画、見てみる。 原作は結構前に出たやつだし、以前にドラマにもなってるし、裁判員制度開始と絡めてどう変わってるんだろうってのも興味ありで。
 しかし・・・なんかそういうのを期待すると肩すかし。

  裁判長!ポスター.JPG 傍聴、無料。 立ち見、不可。

 三流ライター・タモツはあやしげな映画プロデューサー(鈴木砂羽)から「愛と感動の裁判劇!」の脚本を依頼され、資料集めのためにまずは裁判所を傍聴してみることに。 が、そこは初めてだらけの世界。 要領を得ないまま通ううちに傍聴マニアの方々とも知り合い、彼らの指南のもと“裁判の傍聴”の世界に足を踏み入れる。
 これ、裁判員制度に絡める必要、あり?
 コメディです、普通にコメディです。 札止め(満席のためこれ以上の傍聴は不可)が出ると「シネコンかよ」とぼそっとツッコむ設楽さんなど、バナナマン的空気あり!

  裁判長!1.jpg 螢雪次朗さん、はまり役。

 でもそれだけ、残念ながらそれだけなんです。 被害者側の悲劇を一切封印というか描かないのだから、もっと笑いにはじけてもよかったんじゃないのかなぁ。
 じゃあ裁判所ハウツー的なトリビア満載なのかと言われれば、それもちょっと(傍聴マニアの先駆け、大川興業の方も出てらっしゃいましたが)。
 ただそこにあるのは、「法廷に立たされる側と傍聴する側、その境はほんのわずかなもの」ということだけ。
 でもそれでも、十分なのかも。 声高に正義を叫ぶ恐ろしさがそこに存在することに気づくから。
 裁判員裁判が始まってから、閉廷後インタビューの応じる裁判員の方々がみな言いますよね、「大変苦しかった」とか「すごく悩んだ、一生忘れない」とか。 あれがあたし不思議で。 「いえ、死刑を選択しても全然後悔とかありません。 特に悩みませんでした。 明日にはもう忘れてると思います」とか言う人いないのか・・・と(まぁこの回答は極端な例ですが)。
 でも、ここに出てくる傍聴マニアの方々は自分が裁判人になったらそういう感想を言いそう。 ただし、その判断は自分自身のものなのか長年の傍聴歴からはぐくまれた判例から生まれた自分の基準からきているものなのか判断するのは難しそうだが・・・。
 傍聴マニアたちが自らを「ウォッチメン」とひそかに名付けてること(アメコミのウォッチマンの意味を思うと爆笑)、出番少ないのに全部持って行った堀部くん(役者に転向してほんとによかったと思います)、ツッコミどころ満載の役柄を普通にやってしまっている鈴木砂羽など、いいところはありました。
 だからこそ、これは映画ではなくテレビの二時間ドラマでやったほうがよかったのでは。 そのほうが、「裁判というものを国民に知らしめる」という目的に沿っているのではないかと。
 結局は、他人事。 この気持ちが裁判員が持つべき心構えなのでは。
 あ、ちょっと勉強になったかも。

  裁判長!3.jpg あ、ちゃんと日村さんも出てましたよ。

 真面目にやろうと思えばいくらでも真面目にやれた題材を、あえてちょっと気の抜けた笑いの方向に持って行った意味はあるんでしょうが、それを時代が求めているかというのはまた別問題だな〜、と。
 時事ネタものはタイミングが難しい。

ラベル:映画館 日本映画
posted by かしこん at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

紅茶と豆乳の相性!

 スタバの今の紅茶ラインナップがデビューして以来、結構お気に入りなのがラベンダーアールグレイラテ(この商品が出ない間は「T'sティーのアールグレイをミルク入りで」と頼んでました。 ミルク入れると+50円)。
 ラベンダーの香り、実はそんなに好きじゃなかった・・・アールグレイもそんなに好きではなかったかつてあたしも変われば変わるものです(でもラベンダーはあまりに強すぎる香りは今も苦手)。 アッサムブラックティーもいいですが、ただのアールグレイじゃない“ラベンダーアールグレイ”ってとこが希少価値というか、他のお店にはない感じなので、つい最近のスタバではいつもこれを頼んでしまう。
 今はホリデイシーズンの新製品も出てるんですけどね・・・キャラメルエクレールラテとか。

  スタバ豆乳ティーラテ.JPG 今年のホリデイカップは白っぽくない?

 いつもは「シロップ抜きで」と頼むことが多いですが、今回は「シロップ抜きで、豆乳で」と頼んでみました。
 そしたら、思ったよりもおいしかった!
 エスプレッソ系ラテを豆乳に変更するとコーヒー豆の苦みが強調される気がしていまいちだなぁと思ってたんだけど(このあたり、飲めるようになったとはいえコーヒーがあまり得意ではないあたしの変わらない本質がある)、紅茶だったらそれを感じないよ!
 なんかしばらくこのカスタマイズでリピートしそう・・・。

posted by かしこん at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

[リミット] / BURIED

 目が覚めたら土の中、というワンアイディアで突っ走る映画。 サンダンス映画祭で大評判!、と聞けば低予算ながら実験的でそれを感じさせないうまいつくりかもしくは実験的手法に流れ過ぎてわけわからない方向に行くかどっちかなことが多いが、これは「よくできたほう」でした。
 原題を見て、“bury”が“埋める”という意味だとあたしは『新・刑事コロンボ』で学んだことを思い出した。 つまりタイトルは“埋められた・埋葬”、それとも“生き埋め”?
 意識を取り戻した男(ライアン・レイノルズ)は自分が狭い場所に閉じ込められていることに気づく。 ポケットを探って出てきたライターで周囲を見渡すと、どうやら棺に入れられて埋められているようだ。 なんでこんなことに?、と考える間もなく、外に出たい彼は周囲を探り携帯電話を見つけ出す。 犯人が置いて行ったのか?ともかく彼は助けを求める電話をかけるが・・・。

  リミット1.jpg 全編棺の中です。

 この携帯電話、イスラム圏仕様なんですよね〜。 だからメニューが読めない。
 あたしが身につまされたのは、自分の携帯番号もきちんと覚えていないくらいだから他の人の電話番号ももちろん覚えていないわけで、電話帳機能に頼ってるなぁ、ということ。 つまり同じシチュエーションになった場合、自分の携帯電話じゃなければあたしにはかける先がない・・・ということなのです、公共番号以外。
 その点、彼もそのあたりは普通の人で、覚えている電話番号は限られている。  番号案内にかけて「どこでもいいからFBIにつないでくれ!」とかかなり共感を覚える展開(そして予想通りにたらいまわしにされたりする)。 
 で、電話で話す内容から彼がポールという名のアメリカ人民間ドライバーで今はイラクで物資を運んでるだけの仕事だとわかるのだが、テロリストにとっては軍人も民間人も関係ないらしい。
 ポール以外の登場人物は電話の声だけ。 その展開に無理がない(だいたい「他にもっといい方法あるだろ!」と見てる側をイライラさせないってこういう映画では大事です)。
 ライアン・レイノルズって『あなたは私の婿になる』のアラスカ青年だよね?、と確認したくなってしまうほどに誰だかわかりませんでした(画面がほとんど暗いからということもありますが)。 でもほとんど動けないし、顔には乾いた血と砂がこびりついて判別しづらいし、という状況にチャレンジする役者魂がすごいです。

  リミット2.jpg こんな程度の明るさ。

 埋められた棺の中だけという状況でありながら、度肝を抜かれた珍客の乱入(それをはっきり台詞や音楽などで協調しないところも素晴らしい)、たまたまテロリストに目をつけられてしまった不条理性がメインなのかと思ったらアメリカ契約社会の恐ろしさを見せられたり、となると“侵略者の手先”と目される“アメリカ人”もまた、末端は搾取されている存在ということでイラクの人々と実は大して変わらないという皮肉。 あ、実は反戦映画でしたか。
 身も蓋もない話ではありますが・・・不条理ホラー方向にはいかずミステリ的スリラーの範囲をちゃんと守っているのも好印象。 でも閉所恐怖症の人にはつらいかな・・・というか観ている間、閉所恐怖症の気分を味わった。
 あと、着信音よりバイブのほうがバッテリーを食うという話・・・はじめて知りました。

ラベル:映画館 外国映画
posted by かしこん at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月の台風

 今朝はやけに太陽が眩しかった。 室内の鉢植えを窓際へ移動させ、レースのカーテン越しに日光浴をしてもらう。
 しかし昼過ぎぐらいから急激に陽が陰り、不穏なまでの風の音が。
 鉢植えをベランダに出してこなくてよかった・・・。
 まるで台風並みの風と雨。 特に風はなんでこんなに強いのだ?、という感じで。
 爆弾低気圧ってやつですかねぇ・・・北日本の冬にはおなじみの天候ですが(一晩中ものすごい雷が鳴り続けます。 そして雨でなく雪のことが多いけど)、神戸では珍しいなぁと思っていたら、全国的な傾向のようですね。
 こんなに急激に気候が変わると、野外で作業している方々はどこで作業中止の判断するかを問われますよね・・・(ほぼ責任者の経験と勘が勝負ですから)。 けれど確かな技術を持つ責任者の方々が減っている・減らされているのがこういう事故がなくならないいちばんの理由だと思う・・・。

 岡村さんが復帰したそうで、おめでとうございます。
 ただ、よくなってきた勢いで無茶するとものすごい反動が来る場合があるので、是非是非お気をつけていただきたいです。 薬と食事と睡眠、大事ですから。
 正直エビゾーの話はどうでもいいので、国会で渦巻く不祥事をちゃんとマスコミは報道してもらいたいんですが。
 が、そういうあたしは明日も仕事で・・・今日の急激な低気圧訪問のせいもあり、めっちゃ体調が悪化しております。
 でも5日の三宮での反政府デモ、行ってみたい・・・。

posted by かしこん at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

マチェーテ/MACHETE

 正確な発音は「マシェッテ」なのだろうか? ナレーション(?)のおっさんの声がそう言っている。
 絵に描いたようなB級アクション映画!、ということで、すべてのシーンに笑いがひそんでおります。 R+18か・・・大人の楽しみ?

  マチェーテ1.jpg 基本、アクションも無茶ですから。

 メキシコの泣く子も黙る捜査官・マチェーテ(ナタの意、もちろんあだ名:ダニー・トレホ)は権力の腐敗にも脅しにも屈しないが、麻薬王トーレス(スティーヴン・セガール)の罠にかかり妻と娘を殺され、本人も大怪我を負わされる。
 三年後、メキシコとの国境の町アメリカテキサス州にて、ICE捜査官は「顔に特徴のある男」を見かける。 “マチェーテ”は生きていたのだ!
 というか、ストーリーはなんかもうどうでもいい感じ。 勢いがすべて、むしろそれでよし! オープニングでスター紹介してしまうので「えっ、あんな人も出るの?」的驚きが。
 しかし、ダニー・トレホは残念ながら主役の器じゃないな・・・(ていうか顔が濃いので印象的だが、芝居もそんなにうまくない)。
 ミシェル・ロドリゲスに完全に食われている(ミシェル・ロドリゲスめちゃめちゃかっこいいのに、映画的に扱いが微妙なのがかなしい)。 おまけにマチェーテが出てこない場面ではそれぞれ脇の人々の見せ場となるので、マチェーテのことを観客(つまりあたしです)が忘れてしまう始末。 彼が出てきて、「そういえば今までなにしてたんだ?」と思っちゃいました。
 脇は脇でこそ輝くのだよ!

  マチェーテ8.jpg ミシェル・ロドリゲスがとにかく男前!
    何故かマチェーテが女にモテモテ設定ですが、無理がある・・・。

 デ・ニーロも仕事選ばないなぁ(ダスティン・ホフマンも意外に選んでない)。
 つきあいなのか・・・。
 デ・ニーロとセガールが悪役で競演!、といったって二人が直接会話するシーンなんてあったか? おまけに悪役はドン・ジョンソンもなのに予告CMではスルーされ・・・。 更にもう一人の悪役がいるがちょっと小者だからか更にスルーですよ。

  マチェーテ5.jpg 中盤までデ・ニーロも地味。

 ひどいですよね。 でもなんだか濃いキャスト揃い踏みしすぎて、やはり主役の存在感薄いよ・・・。

  マチェーテ6.jpg ドン・ジョンションがどの役なのかしばらくわからなかった・・・。 老けた?

 まぁ、もともとヒーロー的な役をやっていた方々が悪役をやっているのは妙にうれしそうに見えてそれはそれで楽しいんだけど、なんか哀しくなってしまうのは何故・・・。

  マチェーテ7.jpg あれ? ジェシカ・ビールってこんな感じだったっけ? もっと美人だったような・・・。

 シャワーシーンなどもありますが全身が非常につくりものっぽく、そのあたりもB級感全開。 血なまぐさい暴力と女の裸は欠かせないのね。
 それにしてもゲロはきヤク中の娘の役がリンジー・ローハンって・・・笑えない。
 肌もめちゃめちゃきたなくて、どこまでが役作り???、とハラハラ。

  マチェーテ2.jpg 今後の彼女は大丈夫なのか?

 マチェーテが武器を新調して登場する度に、手にするナタが大きくなっていくのは笑うところですか?
 トーレスとの対決シーンでは、セガールとダニー・トレホの体格の差が歴然・・・これで勝てるのおかしくない?、みたいな気持ちに。

  マチェーテ4.jpg ゆるい体形で出てきてるんですけどね。

 極悪非道の麻薬王なのに何故かサムライ作法を理解しており、なんか憎めない人に。憎めないといえばデ・ニーロも血ヘドをはいて倒れるシーン、なんか憎めない。
 むしろにーちゃんを助けられないマチェーテに「なにやってんだ!」とツッコミたくなる・・・もはや善悪のなにもかも超越した「なんでもあり」映画、ということで。
 ロバート・ロドリゲス、好き放題やってるな〜、ということで納得のニヤニヤ。
 でも実は移民問題など社会派題材ではあるのだけれど、結局なにひとつ解決してない感もまたかなしい。 現状を笑ってあきらめるのもまた、大人?

ラベル:映画館 外国映画
posted by かしこん at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

癒されたり癒されなかったり その2

 早川書房からのメルマガで、マイケル・フレインの『コペンハーゲン』発売中です!、と知る。 マイケル・フレインは現代史の題材をドシリアスに描くものからスラップスティックコメディまで書く劇作家で結構好きなんですが(小説も書いてます、『墜落のある風景』もすごいです)、『コペンハーゲン』は原爆開発を巡る二人の天才物理学者の攻防を描いていて、日本でも翻訳劇やったんだけど諸事情で見られず、今でも見たい芝居なんですよね〜。 あー、買わねば。
 図書館に本を返さねばならなかったので、歩いて行ける最寄りの本屋にいってみた。
 ・・・なかった。

  コペンハーゲン.jpg 装丁が地味なのも敗因か?
 まぁ、売れ筋の本しか置いていないところだから仕方ないのかもしれないけど・・・書店の世界でも戯曲の肩身は狭い。 だって、同日発売の同じくハヤカワ文庫のこれはあるもの。

  アースバウンド.jpg アースバウンド−地縛霊−/リチャード・マシスン
 マシスンの本がどんどん復刊・新たに刊行されてます〜。
 いろいろ映画の影響なのか、出版界にホラーブームが来てるのか、マシスンだけがブームなのかいまいち理由はわかりませんが、手に入るのが『ある日どこかで』しかなかった時期が嘘みたいだなぁ。 しかしそんな幸運がいつまで続くかわからないので、買っておきます。
 ついでに(?)もう一冊買うよ。

  ウィジェットとワジェットとボフ.jpg [ウィジェット]と[ワジェット]とボフ/シオドア・スタージョン
 こういう素っ頓狂なタイトルがいかにも、スタージョン。 にやにや。 表紙のセンスもそれっぽい〜、ニヤニヤ。
 奇想コレクションのおかげでスタージョン再評価の流れが来てるのか、これもありがたい文庫化です(ちなみに奇想コレクション、揃えたいけどお金も置く場所もない・・・全部文庫化を希望)。 河出書房もなんか好きな出版社だ、商売二の次でも出す物は出す!、という誠実さを感じるから(あくまで個人的なイメージです)。
 そして『チャンネルはそのまま!』の3巻も出てましたよ!
 ふふふふっ、好きなものをまとめ買いできるよろこび!
 『コペンハーゲン』は今度ジュンク堂に行こう・・・それまでにこれらを読む時間が
あるかどうかは、また別の話。 そしてお財布の中の一万円はあっという間に崩れた・・・でも本があればそれでよし。

ラベル:新刊 マンガ
posted by かしこん at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 買っちゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

今日の暴言

 民主党にはろくなのがいないなー、ということが毎日毎日明らかになる現実。
 (なのに自民もうっかりするので攻めきれない弱さ・・・)
 ほー、「直接言ったわけじゃな」ければ口に出してもいいのかよ。
 たとえ心の中で思っても、それを口に出さない・まわりに聞かせない配慮というものが、大人のすることだろうが! たとえ誰に言うにも失礼なのに、それもよりによって皇族とな! そのことにまずいと感じないこと自体がまずいよ。
 人として、そして日本人としてな!
 そんなんで国民の代表みたいな顔されるのは迷惑なんだよ、議員辞めろ。
 てゆーか本心として、しんでくれ。
 12月1日は国会議事堂・首相官邸・公邸あたりを取り囲むデモが計画されているそうです。 あたしは行けませんが、行く方はこのネタもぞんぶんに取り上げてくださいよ。
 さて、在京マスコミはどこまでそれを報道しますかね・・・。
 しかし、やつらは決して責任を取らない。 国民が国会に押し寄せて直接首に刃を突きつけないとダメなんですかね。 平和なはずのこの国を、そういう時代に戻したいんですかね。 妄想が膨らみます。

posted by かしこん at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癒されたり癒されなかったり

 表紙を見て「あ、レッドジョン!」、と思ったあなた、『メンタリスト』仲間です。

  いとけなく愛らしき者たちよ.jpg いとけなく愛らしき者たちよ/ジリアン・ホフマン
 本屋の新刊棚で、あたしもそれで手に取っちゃいました。 戦略?
 全米を震撼させた連続少女拉致殺人事件!、という煽りになんか弱いのは何故なんでしょう? サイコキラーものだと思うと、つい。
 しかもこの作者は『報復』・『報復ふたたび』の人でしたよ! かつて検死官だったという経歴を華麗に活かし、ふつうならばそこは省略するでしょ!、という描写も容赦なく書き込んでくれますよ(げんなり)。 でも『報復』ほどすごいというかひどくないです(あの序章はマジでひどすぎる)。
 そういえば報復の3作目はどうなっているのかな? あれで終わりじゃないよね?
 インターネットのチャットで素敵な男性と知り合った13歳のレイニーは年齢を偽っていたため「きみの写真が見たいな」という彼の期待にこたえるため、姉のちょっと派手な下着にピッタリTシャツでセクシーに見える写真を撮った。 そして彼とデートの約束をしたが、その日からレイニーは行方不明に。
 母親や継父との確執もあり家出と思われるが、有能なる専門捜査官ボビーはなにかを感じる。 ボビーにもまたつらい過去があったからだ。
 というわけで、厳格なカトリックの国であるアメリカでのサスペンス小説の第一人者といわれるだけあって、実に教訓をはっきり含んでいるというか・・・親世代に対しては「子供には厳しすぎても放任しすぎてもいけません」だし、ティーンエイジャーに対しては「ルールを守らなければどんな恐ろしいことだって起こるのよ」という・・・「うわぁ」ですが、ある意味安心ではある内容です。
 ほんとはよくないんだけど(つまり襲われる側にも非があった、というふうにもとられるので)。 
 相手は子供ですから、多少バカやったり道をはずれたり失敗することはあります。なのに、それで命をとられたりあとあとまでひきずるひどい目にあったりする世の中の方が間違ってるんですけどね。 けれど、未成年側にも許されるのは「多少」であることはわかってほしい。
 なんとなく希望を漂わせていい感じに終わってる風なのであるが、あたしが思ったのは「親というものは、自分の子供が親を嫌って自らの意志で家を出ていくことと、まったく子供には問題なくただ理不尽に犯人に殺されてしまうのと、どっちがいいんだろう?」ということだった。 勿論どっちもないほうがいいんだけどね。 ただの家出の場合、親としての自分に非があると悩み続けるだろうがいつか帰ってくるかもしれない希望はある。 しかし殺されてしまった場合、娘はとてもいい子なので親としての育て方の責任は問われないが、守れなかった悔恨は計り知れないだろう。 けれどあてもなく待つ必要はない。
 うわー、自分で書いててもひどい考えでひくが、そう思ったりできるのもあたしが決して「親ではない」からだろう。

  ねこしつじ1.jpg ねこしつじ1/桑田乃梨子
 作者の愛描にょろりを“しつじ”としてキャラ化、マンガなのかエッセイなのかの曖昧な領域を漂う話。 さりげないが、実は絶妙な設定かも・・・。
 ふだんはゴロゴロしてばかりのネコも、蝶ネクタイをつければ“ゆうのうなしつじ”に早変わり?!
 なんともない出来事ですが、ほのぼの〜。
 世間にあまたある「ネコマンガ」ですが、あたしはどれもすべて波長が合うわけではなく・・・たとえば『くるねこ』はいいんだけど途中の擬人化の仕方が中途半端というか(喋るのはいいんです、姿が人間になるのはあたしの中でアウト)・・・巻を重ねるとネタがかぶってくるし、名古屋弁がわからないしで挫折しそう。
 萩尾望都のネコ題材マンガは“見かけはネコだが中身は人間”そのもので、ネコマンガとは呼べない、むしろSFだし。 あたしは『とりぱん』的距離感が好きなのだなぁ。 飼い猫をネコかわいがりするのもいいけど、そういう部分を含めて客観的に描いてもらえたほうが読んでいて面白いかな〜、というのがあたしの好みなので(それは実際に今あたしがネコを飼っていないが、かつて買っていたことがあるという記憶はあるからだろう)。
 そんなわけで、あたしはこれ、好きです。 同様の理由で遠藤淑子の『犬ぐらし』シリーズも好き。 結局は生き物そのものよりも、作者の視線なのよね。

posted by かしこん at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 読んじゃいました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする