2010年11月02日

えっ、意外!

 えっ、死刑じゃないんだ。 無期懲役か・・・。
 なんか・・・なんかなぁ。
 ちなみにあたしはこの公判を全部msn産経ニュースの『法廷ライブ』で毎日全部読みました。 弁護側証人の精神科医はいいかげんだったし、被告の言動は死んで弁明のできない被害者に全部責任押し付けてるし、「こりゃ死刑だな」と思ってました。
 日本国内では死刑存置派が8割以上だそうである。
 けれど、自分で死刑判決は出したくないってことなのか。
 日本人って、腰抜けってことですね。
 裁判所は現実を知らないと、市民感覚を反映させるのが目的で始めたはずの裁判員制度であろうに、そこでもまだ永山基準を続けるのはなんでなんだろう。
 死刑宣告をためらう市民に、「こんな判例ありますよ」とでも誘導したのかしら。
 でも別にためらう必要はないのに、日本は三審制なのだから(仮にここで死刑にしても、上告・控訴すればその決断を下すのは裁判員ではなくなる)。 という逃げ道を用意して、裁判員は判決に対して必要以上に責任を抱く必要はないと思うんだけどな・・・。
 よくわからないのだが、死刑って、そんなにものすごく重いことなんだろうか。
 究極の刑罰、というほど手の届かないむしろ手をのばしてはいけないようなタブー?
 秋葉原の通り魔殺人は死刑確実といわれているけど、この事件とどう違うんでしょう。
 「残忍さ」・「残酷さ」というものはある程度のレベルを突き抜けちゃえば同じく残酷で、そこで優劣(?)つけるのはむしろおかしくないのかなぁ。
 まぁ、でも裁判官の感覚はおかしいからな。 東京で隣人を殺してバラバラにして遺体を下水に捨てたって事件のときも「それほど残忍とはいえない」みたいなこと言って無期にしたもんな・・・生きたままバラバラにするよりは、死んでからのほうが死体損壊で罪が軽くなるのだ、ばかばかしい。
 「反省してるように見えてきた」って、ずいぶん優しいんだなぁ。 反省してたらいいんですね、反省しようとする態度を見せればそれでいいんですね。
 これで死刑が出なかったことが、これからのちの「死刑求刑に対する裁判員の判断」に影響を与えるような気がする。 これが死刑廃止派の狙いなのかしら。
 廃止にするとなるといろいろ大変だけど、死刑を下す人がいなくなればいいわけだ。
 今回の件、検察側は控訴してほしいが・・・どうなのかなぁ。 裁判員制度でなければ「死刑を求刑するかどうか微妙なところ」って語っていた関係者もいたそうだし・・・。 そういう判例主義の暗黙のバランス感覚を崩すための裁判員制度じゃなかったのかしら。 結局、裁判所の方針に利用されて、終わりか。
 一年たたずに限界が見えちゃうなんて、なんて底の浅い制度だろう。
 はっきり言って、ストーカー殺人をするような人は反省しないと思う。 むしろ、誰にも渡したくない相手を誰にも渡さないことに成功したのだ、被告は自分の望みを叶えた。 そのよろこびをかみしめる時間をあえて与えるのか、と思うと、そりゃ遺族はやりきれないよなぁ。 ましてあれだけひどい目にあって、苦しみは今も続いているというのに「極刑にするほど悪質とは言えず」なんて言われてるんだよ、遺族や関係者の気持ちを考えたら泣けてくるね。 これが悪質でないならなにが悪質なんだろう。 被害者なのに被害者であることを認めてもらえなかったような気にならないかしら、むしろ被害者に非があると思われたから無期なのか、ということになっちゃわないかなぁ。 裁判員は、裁判官は、ほんとにそういうこと考えたんだろうか、「死刑を宣告したくない」という気持ちに負けてないと言えるんだろうか。
 あたしなら、ためらいなく死刑に手を挙げる。 そのことで良心の呵責は感じない、と思う。 犯罪すれすれの、もしくは摘発されれば犯罪になるだろう悪意をいろいろ見てきた、罪に向き合う覚悟はもうできたから。
 でもそういうやつに限って裁判員の召集がこないのよねぇ・・・。

posted by かしこん at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする