2010年11月04日

食べすぎの名古屋半日

 名古屋といったらおいしい名物はきしめん・味噌煮込みうどん・手羽先etc.ですが、きしめんは割と子供の頃から食べてるし、やはりここは大本命、ひつまぶしを食べるべきでは! たまたま名鉄百貨店のレストラン街にひつまぶしで有名なお店「まるや本店」が入っているのでそこに行ったらいいかぁ、と目指す。 9Fです。
 行ってみたらお店の前にパイプ椅子がズラリ・・・お昼時・夕飯時はこのパイプ椅子に座りきれない人が並ぶらしいので、あえて時間をはずして16:00過ぎに訪問。
 あっさり座れましたが、店内6割くらい埋まってる感じ・・・。 あたしが席に着いた後も、次々と客はやってくるのです。 そして繁盛店らしく、働いている方の態度も丁寧でかつきびきびしている。
 いちばん人気は「上ひつまぶし」のようですが、あたしはランチのハンバーグを13時に食べ終わったばかり。 新幹線に乗って移動しただけだからそんなにおなかがすいていないため、「ひつまぶしミニ」を肝吸いつきでオーダー。

  ひつまぶし.JPG 空のお茶碗が眩しい。
 ちなみに「特上ひつまぶし」もありますが、ウナギのランクではなく単純に量を示しているらしい。 上をいってしまおうかと思ったけれど、やめたほうがいいと判断。 けれどやってきたミニを見て、「ウナギが少ない!」とちょっと後悔。
 あたしはウナギが好きなんですが、もっぱら関東式の蒸してから焼くやつばかり。関西風の蒸さないタイプはちょっと脂がきついしウナギ本体のにおいも強い感じがしてあまり好きではなかったのです。 でもこれは皮がパリパリで香ばしさが勝る。
 なるほど、これならわかる!
 一度目はそのまま、二度目は薬味をかけて・・・がルールですが、あたしはワサビもシソも苦手。 ねぎのみわっさりかけて(シソも一口食べてみましたがやっぱり駄目だった)、風味を変えていただきます。 なるほど、ちょっとさっぱり。
 普段お漬物をあまり食べないあたしはどのタイミングで食べていいのかわからず、結局お漬物だけパリパリ食べてしまいましたが、コマ切れ白菜はひつまぶしに混ぜてもよかったかも。
 続いて熱々のおだしをかけてみる(出汁の入った急須は合図をしてから店員さんが持ってきてくれる)。 残ったネギを全部投入、ノリも投入。 薬味とノリはおかわりOKだそうですが、ミニサイズではこれで十分です。 おだしの色は薄い赤茶色なのに、お茶碗にかければ濃い黒に近い色が浮き出てくる。 ご飯に染みついていたタレがおだしに溶けていくのね、タレ濃いなぁ。 猫舌のあたしはしばし待ってからいただきます。 するとその間に熱がウナギにまわり、パリパリ感が消えて蒸したときの感じに変わってる。 わー、やわらかくてとろけるみたい。
 肝吸い、肝ってどんな感じなのかとドキドキしつつ食べてみたけど、ふんわりふわっとではっきりした食感がなく、クセなどもゼロです。 わー、おいしいものだったのね〜。
 ひつまぶしって、少ないウナギでたくさんごはんを食べるための工夫なんだな、と納得したのでした。

 エスカレーターを上がっていくときに見つけた『マキシム・ド・パリ』。 わーっ、あるんだー! ナポレオン・パイ食べたいなぁ!、と思いながらもまずはひつまぶしに向かったのですが、食べ終わって腹ごなしにちょっとうろうろするも、マキシム・ド・パリに行ける時間が十分あるんですよね〜。 めったに来れないし、こりゃ行っとくべきだろう、とお店の入り口をくぐる。
 席に案内されて・・・あれ、こんなもんだったかな〜、と困惑。 テーブルクロスとかお店の雰囲気が、昔のデパートの喫茶店みたい。 こんなに垢ぬけてなかったっけ?

  マキシムドパリ3.JPG まぁ、デパートの喫茶店なのは確かだけど。
 もはや『ナポレオンパイ』という名前じゃなくて『苺のミルフィーユ』になっていて、なんか残念。 ドリンクセットでアイスミルクティーをオーダー。
 セットのドリンクにはあまり期待しませんが、少々時間がかかって出てきたそれは、「はっ!」とするほど覚えのあるはっきりした味。 うわ、なんだろう、これ。
 苦みとかエグミとか全然なくて、だばだばに入れてしまったミルクにも少しも負けてない、確かに「紅茶」という味。 ・・・そうか、榮太郎の紅茶飴から甘さを抜いた味だ!
 だからなんかちょっと懐かしいのか。
 いったい何の種類の紅茶なのか・・・淹れ方の問題なのか・・・。 でももしもこれが、業務用のパックから出てきたものだったら哀しいな(違うと思うが)。

  マキシムドパリ2.JPG 驚愕の、¥945−。
 ミルフィーユはやはりおいしい。 しっかりと厚みのあるパイ生地なのでナイフですんなり切れて破片が飛び散らない。 生地・クリーム(生とカスタード)・イチゴ・アーモンドのバランスがさすが! ここでのイチゴはちょっと酸っぱいぐらいのほうがいいもの、水気が多くて。
 ミルフィーユがおいしいお店、神戸にもあるんだけれど・・・この大きさとバランスはやはりマキシム・ド・パリだけのもの。 ひつまぶし後で満腹にもかかわらず、パクパクと食べてしまいました。 ごちそうさまでした。
 帰ったらダイエットだな!、と心に決めるも、食べたことに後悔はなし。 だっておいしかったからさ。
 それにしても、「ひつまぶしと肝吸い」と、「苺のミルフィーユと紅茶」でお値段が¥300−ぐらいしか違わなかった、ということに驚きます。

posted by かしこん at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん・お茶の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

桜田門外ノ変

 どどーん、と始まる正当派すぎるナレーションに「教育テレビか?」の疑惑が巻き起こるが、そのイメージを裏切らない硬派なつくりであった。 あまりに真面目すぎて肩の力を抜く場所がわからない。 体調を万全に、さらに予備知識も入れていけばより理解が深まるかと(というかそうしないとつらい)。
 一部の水戸藩士と薩摩藩士が謀った井伊直弼の暗殺・桜田門外の変を軸に、「何故そうしなければならなかったのか」と「実行犯たちのその後」をフラッシュバック手法で描く。 最初30分ほどで暗殺事件は起こるので「前フリ長い!」といらだつこともなくすみますが、出てくる人数が多いので・・・テロップで名前が出てきても誰が誰やら。 死罪と斬首の違いは何?(死罪ならば自分で切腹できるということなのかなぁ?)

  桜田門外ノ変1.jpg 血は雪の日がふさわしい。
 雪が血に染まる暗殺場面、日本刀で斬り合ってもなかなかすんなり死なないものなんだなぁ、と息が苦しくなってきた。 傷の痛みを引きずりながらそれでも斬り合う彼らの姿に、「彼らは何をしているかの本当の意味がわかっているのだろうか?」と思ってしまうからだ。 そして倒れていくひとりひとりの名前と年齢が出て・・・十代で死んでいく彼らの思いが痛すぎて、そして怒りも湧いてくる。
 けれど井伊直弼を悪役と決めつけて納得できるわけもなく(彼の側にも理があると描かれております)。
 ただ、討ち取った井伊直弼の首がいかにもつくりもの&重量を感じさせない持ち上げ方だったので一気に醒めてしまった部分もある・・・リアルな生首をつくるのは難しいんでしょうかねぇ。
 今年はどうしたんだろうと言うくらい時代劇が多かったけれど、時代考証含めた美術の仕事としてはこれがいちばん規模が大きかったのでは? そしてオールスターキャストだし。 でもあまりに徹底しちゃったせいで地方藩士のお国ことばがよくわからなかったりするのだが。 特に薩摩藩士、「サイゴーサアは」って、え? あ、「西郷さん」か、と一拍遅れて理解。
 個人的には生瀬勝久見たさに行ったのに、イメージよりも出番が少なく、さらに死にざまがひどすぎて「えーっ! なにそれ!」と叫びたくなる。 ド迫力の水戸斉昭(北大路欣也)も意外とあっさり退場。
 監督はテロを賛美したくないという理由で変を最初の方に持ってきたらしいが、どこかに肩入れしない第三者的な視線でカメラも動いているのか、登場人物の誰一人として感情移入できる相手がいない、というすごいことになっております。

  桜田門外ノ変2.jpg 実行犯リーダーは見守るのみ。
 関鉄之介(大沢たかお)は主役だというのにつかめない人である。 事のあとに彼が逃げ続ける意味がよくわからない。 また水戸に妻子がいるのに江戸に妾を囲っているのには「えっ!」だし、妻が事情を聞かれるけれど何も知らないとして釈放されたと仲間にきかされた鉄之介、「妻は農家の生まれなので、正式な届を出していなかったからよかったのでしょう」とあっさり笑顔で言う。 えっ! まぁ、時代が違うからそれが普通なんでしょうけど・・・おまけに妾さんのほうは鉄之介の行き先を教えろと拷問されちゃうんですよ、ひどい話です。 日蔭者は守ってもらえないのね。
 ただ話としては現実に見事にリンクしており(力のある外国と事を荒立てないほうがいい派とそこで弱みを見せたら一生つけこまれるぞ派の対立)、結果的にベストタイミングな公開だったと思う。 ただ、かつての彼らはどちらも日本のことを思っての行動だったが、今の日本では妥協派が国を思っているようには決して見えないのが大きな違いではある。

  桜田門外ノ変3.jpg それぞれの決断。
 幕末、と今のあたしはわかって見ているが、当時の人々がそんなことを知るわけもなく。 何かが起こるかもしれないとわかっていても具体的な方策ができてないのはそれなりに平和な時期が続いていたからなのか。 だから先の見えなくなった時代にどうにかして光明を見出したいと行動に出るわけで、それがよかったのか悪かったなんて歴史の審判を経てみないとわからないよね・・・。
 当時は情報も限られていたし、よくやってたと思う。 だから余計に「今ってなんなの!?」って憤っちゃうのかなぁ。
 なんだか、人ってちっぽけだわ。
 合理主義が浸透していない日本で、武士道は「情」だったのかなぁ、と感じるところ何度も。 けれど通りすがりの人のためにも命を落としてかまわないというまでの強さは「情」という一言ではすまない気もして。 つまりは「覚悟」ということなのかなぁ。 だから志のために死ぬことができ、志のために生きる人のために命を賭けることができる。

  桜田門外ノ変6.jpg 志士たち。
 刑場のシーンが長すぎだとも思えるんだけど、この映画の中でそういう様式美をつくったのだと言えないこともないし、なにより省略しないで描くことが散っていった彼らに対する思いやりなのかもしれない。
 けれど、何故水戸藩士だけがあんなにもかたくなに急ぎの実行にこだわったのか。
 そのあたりがよくわからなかったので、原作も読んでみようかと思っております。

ラベル:映画館 日本映画
posted by かしこん at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

えっ、意外!

 えっ、死刑じゃないんだ。 無期懲役か・・・。
 なんか・・・なんかなぁ。
 ちなみにあたしはこの公判を全部msn産経ニュースの『法廷ライブ』で毎日全部読みました。 弁護側証人の精神科医はいいかげんだったし、被告の言動は死んで弁明のできない被害者に全部責任押し付けてるし、「こりゃ死刑だな」と思ってました。
 日本国内では死刑存置派が8割以上だそうである。
 けれど、自分で死刑判決は出したくないってことなのか。
 日本人って、腰抜けってことですね。
 裁判所は現実を知らないと、市民感覚を反映させるのが目的で始めたはずの裁判員制度であろうに、そこでもまだ永山基準を続けるのはなんでなんだろう。
 死刑宣告をためらう市民に、「こんな判例ありますよ」とでも誘導したのかしら。
 でも別にためらう必要はないのに、日本は三審制なのだから(仮にここで死刑にしても、上告・控訴すればその決断を下すのは裁判員ではなくなる)。 という逃げ道を用意して、裁判員は判決に対して必要以上に責任を抱く必要はないと思うんだけどな・・・。
 よくわからないのだが、死刑って、そんなにものすごく重いことなんだろうか。
 究極の刑罰、というほど手の届かないむしろ手をのばしてはいけないようなタブー?
 秋葉原の通り魔殺人は死刑確実といわれているけど、この事件とどう違うんでしょう。
 「残忍さ」・「残酷さ」というものはある程度のレベルを突き抜けちゃえば同じく残酷で、そこで優劣(?)つけるのはむしろおかしくないのかなぁ。
 まぁ、でも裁判官の感覚はおかしいからな。 東京で隣人を殺してバラバラにして遺体を下水に捨てたって事件のときも「それほど残忍とはいえない」みたいなこと言って無期にしたもんな・・・生きたままバラバラにするよりは、死んでからのほうが死体損壊で罪が軽くなるのだ、ばかばかしい。
 「反省してるように見えてきた」って、ずいぶん優しいんだなぁ。 反省してたらいいんですね、反省しようとする態度を見せればそれでいいんですね。
 これで死刑が出なかったことが、これからのちの「死刑求刑に対する裁判員の判断」に影響を与えるような気がする。 これが死刑廃止派の狙いなのかしら。
 廃止にするとなるといろいろ大変だけど、死刑を下す人がいなくなればいいわけだ。
 今回の件、検察側は控訴してほしいが・・・どうなのかなぁ。 裁判員制度でなければ「死刑を求刑するかどうか微妙なところ」って語っていた関係者もいたそうだし・・・。 そういう判例主義の暗黙のバランス感覚を崩すための裁判員制度じゃなかったのかしら。 結局、裁判所の方針に利用されて、終わりか。
 一年たたずに限界が見えちゃうなんて、なんて底の浅い制度だろう。
 はっきり言って、ストーカー殺人をするような人は反省しないと思う。 むしろ、誰にも渡したくない相手を誰にも渡さないことに成功したのだ、被告は自分の望みを叶えた。 そのよろこびをかみしめる時間をあえて与えるのか、と思うと、そりゃ遺族はやりきれないよなぁ。 ましてあれだけひどい目にあって、苦しみは今も続いているというのに「極刑にするほど悪質とは言えず」なんて言われてるんだよ、遺族や関係者の気持ちを考えたら泣けてくるね。 これが悪質でないならなにが悪質なんだろう。 被害者なのに被害者であることを認めてもらえなかったような気にならないかしら、むしろ被害者に非があると思われたから無期なのか、ということになっちゃわないかなぁ。 裁判員は、裁判官は、ほんとにそういうこと考えたんだろうか、「死刑を宣告したくない」という気持ちに負けてないと言えるんだろうか。
 あたしなら、ためらいなく死刑に手を挙げる。 そのことで良心の呵責は感じない、と思う。 犯罪すれすれの、もしくは摘発されれば犯罪になるだろう悪意をいろいろ見てきた、罪に向き合う覚悟はもうできたから。
 でもそういうやつに限って裁判員の召集がこないのよねぇ・・・。

posted by かしこん at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題・ニュースに思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

ナイト&デイ/KNIGHT AND DAY

 今まであまりトム・クルーズ映画にひかれなかったあたしだが、これは予告で「なんか面白そう」って思った。 ほぼトム・クルーズのセルフパロディだと思えたからですかね。 『M・I』シリーズはシリアスにやり過ぎてちょっとひくのです。
 ジューン(キャメロン・ディアス)は妹の結婚式に間に合わせるため飛行機に。
 空港でナイスガイ(死語?)と出会ってぽーっとしてしまったら、なんとその彼ロイ(トム・クルーズ)は正気を失ったスパイだということを聞かされる。 しかし彼はそれは組織の嘘だという。 どちらを信じればいいのか?

  ナイト&デイ1.jpg とりあえず、スパイ似合いますね。
 いろんな意味で、やりすぎです。 話もかなり無茶です。 しかし他愛のないことにも全力を尽くすというその姿勢が妙に潔いと感じることもあり。 おかげで連れ去られそうなジューンを追って、車の上に載って現れるトム・クルーズの姿にうっかり「かっこいい」と思ってしまいました。
 予告のイメージでは彼にいきなりつきまとわれちゃった的イメージだったジューンだけど、最初は自分から誘っちゃったりとかなりノリノリ(機内での化粧室のシーンはある意味すごい・・・このシーンとトム側のアクションシーンを織り交ぜるくだりはこの映画で多分いちばん面白い)。 なのでそのあとの手のひら返し具合がひどいなぁ、と思ってしまうんだけど、ていうかそういう感じだからこれまで恋愛でいろいろ失敗してきたんだろうなぁ、という女性のイタさ爆発だったりするのでそれはそれで面白いかと(キャメロン・ディアスは『私の中のあなた』よりもこういう役のほうがいいんでしょうね)。 でも明らかにそこでは勝手に動き回るのはやばいだろ、という場面で動き回り、そこで動くべきではと思うと動かない役立たずヒロインという存在をどうにかしてほしい(まぁ、最後は一矢報いますけど)。
 二人の掛け合いはそれなりに洒落ていて軽快だし。 世界各地の風景はきれいだし(とはいえ移動時間が明らかに物理的に不可能なのではと思われ)。 列車のシーンはレトロだけどゴージャス!

  ナイト&デイ2.jpg なんか似た写真しかない。
 ロイの気遣いにあふれた様々な行動などにあたしはいちいちやられました。 これに気づかないからダメなんだなぁ、ジューン。 とはいえなんでロイがジューンに目をつけたのかはいまいちよくわからないんだけど・・・一目惚れ?
 またしても出落ちのような役回りのピーター・サースガード。 どうも彼はリーヴ・シュレイバーと似たような立ち位置が多い気がする。
 ロイが守ろうとする天才高校生、この人すごく見たことあるんだけどな・・・ポール・ダノって、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の若い宣教師か! わー、全然違う人みたいだー。 他にもヴィオラ・デイヴィスなどなかなか豪華なキャスティングです。
 007にかなりリスペクトしたみたいな雰囲気だけど、ご都合主義はそれ以上に否めなく、しかしそういうことは気にしてらんねーよ、な勢いはあります。 見る側もね。 だからベタだなぁ、と思いながらも楽しめた。 見終わってほとんど何も残らないのであるが(しかも不必要なまでに人が死んでる気がする)、でもなんか、「ま、いっか!」とちょっと元気になってしまうようなところがある。

  ナイト&デイ3.jpg アクション、よくできてたし。
 で、ふと思ったのは・・・ロイの身にまとわれた恐るべきイノセントさが、多分実際のトム・クルーズにかなり近いんじゃないか、ということ。 こんな感じでトム・クルーズでい続けるのか・・・それはしんどい。 そりゃサイエントロジーみたいなのにもはまるし、結婚生活も大変だろうなぁ。
 と、トム・クルーズは今回あたしの中でかなり株が上がりました。
 帰りがけにカップル客の女性の方が、「結局あの電池ってなんなの?」と訝しげに言っていたのが印象的だった。 そうですね、実際あれはなんでもよかったんでしょうね。 何も残らない、それはそれでよし。

ラベル:映画館 外国映画
posted by かしこん at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする